ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自然をウリにした人気店“LUSH”で日本人は買うべきか? 売り上げはシー・シェパードへ流れる仕組み

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


自然をウリにした化粧品や石けん、入浴剤を販売している“LUSH”をご存じだろうか? 店舗の前を通ると石けんの香りが漂ってきて誘われそうになる。この会社はイギリスの会社で日本でも何店舗か展開しているのである。

さてそんな自然をウリにした“LUSH”だが、ここの売り上げは実はとある団体に寄付されているのだ。“LUSH”は動物愛護団体やそういった活動家、そしてシー・シェパードにまで資金援助をしている。これは“LUSH”自身が公表している。

つまり客が“LUSH”で購入すると反捕鯨団体シー・シェパードに送金される仕組みなのである。“ラッシュジャパン”はフランチャイズライセンス契約を結んでおり、シー・シェパードへ送金は行っていないという。

“ラッシュジャパン”公式サイトにはコミュニティがありそのことが語られている。そこには様々な意見が書かれているので一部抜粋したい。

・ついにシー・シェパード代表が傷害や艦船侵入などの容疑で国際手配になりました。”LUSHJAPAN”はシー・シェパード氏へ直接支援をしていなくとも、”LUSH”は国際手配された人間を支援していたという事実。
・私はもうラッシュの製品を買うことはありません あのようなテロリスト集団を支援している企業には一円たりとも払いたくありません
・会社の方向性と自分のやり方がちがえど。矛盾を抱きながら働いている人のことを思うと、じゃ、SSが嫌だから、ラッシュの製品使わないってのは、また違う気がしました。

と、“LUSH”と“ラッシュジャパン”を切り分けて考える人や「同じ“LUSH”だ」という考えの人、更には製品の購入まで控える人まで出てきているようだ。特に女性に人気の“LUSH”だが、製品には何の罪もないのは確かである。先ほども書いたように“ラッシュジャパン”からはシー・シェパードへ送金はされていないようである。

シー・シェパードは水産庁から「テロリスト集団」として非難されており、2010年にはICPOによりポール・ワトソン氏が国際指名手配される。またアメリカの人気アニメ『サウスパーク』の第13シーズン第11話のエピソード『Whale Whores』にて同氏が登場し、シー・シェパードとポール・ワトソン氏について批判的について描かれている。

※画像はGoogleストリートビューより引用。

<この記事に対するコメント&ツイート>
・うーむ…直接送金されてないのは間違いなさそうだが、どーなんだろう…
・別法人だろうがLUSH事業である事に変わりはない
・BODYSHOP派の俺には無縁の話だった。
・シー・シェパードって環境や自然を隠れ蓑にした国際テロ集団だろ・・
・知らない人多いよね、パタゴニアもだけど。
※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP