ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で厚さ5.5mmの新たな世界最薄スマートフォン「ELIFE S5.5」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 金立(Gionee)から新たな世界最薄スマートフォン「ELIFE S5.5」が発表されました。ELIFE S5.5は名前の示す通り、厚さ5.5mmというこれまでの世界最薄記録(VivoX3Sの5.75mm)を更新する超薄型のAndroidスマートフォンです。ディスプレイサイズは5インチで、バッテリー容量は2,300mAh。薄型モデルではバッテリー容量が削られる傾向にありますが、ELIFE S5.5ではXperia Zとほぼ同じバッテリー容量ながらも厚さを抑えています。ELIFE S5.5の主要スペックは、5インチ1,920×1,080ピクセルの液晶ディスプレイ、1.7GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラなどを搭載しています。ELIFE S5.5には3G版とLTE版の2種類が用意されており、まずは3G版から発売されます。価格は2,250元(約37,000円)。LTE版は2014年6月に発売されます。Source : cnBeta



(juggly.cn)記事関連リンク
英CloveでSony Mobileのリストバンド型活動量計「SmartBand(SWR10)」の予約受付が開始、3月下旬に発売、価格は£66.66(約11,300円)+VAT
Google I/O 2014の開催日が2014年6月25日と26日に決定
ZTE、MWC 2014で「Grand Memo II LTE」を含む新型Androidスマートフォンを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP