ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新人選手に「SNS禁止」 巨人軍は干渉しすぎではないか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新人選手に「SNS禁止」 巨人軍は干渉しすぎではないか1月12日の報知新聞によると、読売巨人軍の大森剛・育成部ディレクターが、2014年入団の新人8選手に対し「野球を辞めるまで、たばことブログ、ツイッターを禁止する」と言い渡したという。

8選手の中には5人の高卒ルーキーも含まれるので、確かに球団の教育責任もあるかもしれない。一方で、ドラフト1位の小林誠司捕手は24歳。日本生命出身の社会人経験者を相手に、球団が過干渉すぎないかという見方もある。

ダルビッシュのフォロワーは100万超なのに

2014年は、巨人軍にとって創立80周年という節目の年。「なんとしても日本一奪回」という思いがあるのだろう。選手に厳格な規律を求め、一層チームを引き締めていく構えのようだ。

大森ディレクターは、1989年にドラフト1位で巨人入りしたものの、通算8年で29安打、打率1割4分9厘で選手生活を終えている。2000年からスカウト、2012年から現職に就いている。

昨年末に「若い力を伸ばす読売巨人軍の補強と育成力」(ワニブックス)という書籍を出し、「若者の資質を察知し、伸ばす方法」などについて書いている。

しかし「常に紳士たれ」と求められ、息苦しさの中で才能を開花できなかった大森氏が、若い選手を同じように締め付けて伸ばすことができるのか。

プロ野球選手は人気商売。メジャーリーグでは待遇しだいで、どの球団にでも移るのが当たり前だ。まるで「終身雇用の企業」のように選手に強い忠誠心を求め、個人の活動を制限する巨人軍のような球団など見当たらない。

実際、ダルビッシュ有投手(現テキサス・レンジャース)や田中将大投手(現ニューヨーク・ヤンキース)など、SNSを利用して人気を集めている。ツイッターのフォロワーが100万を超えるダルビッシュ投手に対し、レンジャースがSNS禁止を要求することなどありえないだろう。

個人の発言でも「球団に抗議殺到」

しかし、球団が選手のSNS利用に神経質になるのには、理由がある。選手の個人的な問題発言に対し、「球団の管理責任」を問う声が大きいからだ。

昨年は、千葉ロッテ・マリーンズの外野手が、ツイッターで殺人事件の被害者を侮辱する発言をしたとして問題になった。球団事務所には抗議が殺到し、対応に追われた。

これを受けてオリックス・バファローズは、2013年末の契約更改で全選手にSNSへの意識を再確認。東京ヤクルトスワローズは、14年2月のキャンプで全選手が「SNS講習」を受講し炎上防止に努めている。

スポーツ情報サイトのNumberWebが行ったアンケートでは、「禁止に賛成」が51.2%、「禁止に反対」が48.8%と賛否が拮抗している。スポーツ選手のファンであっても、SNS禁止は仕方がないと考える人も少なくないようだ。

それにしても、大の大人、それもプロフェッショナルのスポーツ選手の発言を、球団が強く制限すること自体には、過干渉という印象が否めない。しかし「球団の監督・管理責任」を過剰に求め、大きな声をあげる人たちが存在する限り、この息苦しい状況は変わりそうにない。

あわせてよみたい:読売巨人軍は「ガム」も禁止

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。