ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」と「ARROWS V F-04E」のソフトウェアアップデートを開始、カメラ・ギャラリーの強制終了問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは2月18日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」と「ARROWS V F-04E」の2機種に不具合解消を目的としたアップデートの配信を開始しました。NTTドコモの発表によると、主な変更内容は2機種とも共通しています。カメラアプリかギャラリーアプリを起動すると、稀にそれぞれのアプリが強制終了する現象が改善されるそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。F-10D/F-04Eの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」の画面から手動でアップデートを実施することができます。アップデートにかかる時間は約3分。アップデート後のソフトウェアビルドは、F-10Dが「」、F-04Eが「V10R41A」です。Source : NTTドコモ(F-10D)(F-04E



(juggly.cn)記事関連リンク
USTREAM Asia、PS4のゲームプレイ映像などを配信できる「Ustream Games」を提供開始
Samsungが米国向けGalaxyデバイスのAndroid 4.4.2(KitKat)アップデート対象14機種を発表
HTCが3月25日にプレスカンファレンスを開催、HTC M8を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP