ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラリーマン最大のリスクは「飼い殺し」の環境に置かれることだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

勤め人にとって最も恐れるべきことは「解雇」であると言われる。会社をクビになったことでプライドを大きく傷つけられ、自殺する人もいるし、会社に雇われ続けるために、反社会的な行為に手を染める人すらいる。

人材コンサルタントの深大寺翔氏は、このような誤った認識が、労働者としての価値を著しく下げていると断言。真の最大リスクは「飼い殺し」であり、時には自らぬるま湯の組織を飛び出さないと、労働者にとっての未来が失われると指摘している。

「年功序列」の相互扶助は「少子化」で破綻する
――私たちが日々仕事をする意味には、2つの側面があります。1つは、日々の生きる糧を得るために、世の中で「社会人として機能する」ことです。

「働かざるもの食うべからず」が、世の基本。障がいなどがあって働けない人は別のセーフティネットで救うべきですが、すべての人を救うことはできません。

もう1つの意味は、「将来に向けて経験を積み重ねること」です。人間も動物ですから、年齢を重ねることで体力が確実に衰えていく。知恵やスキルを高めていかない限り、労働者としての価値が年々低下していくのは当然です。

「将来に向けて経験を積み重ねること」ができない職場とは、どういう会社でしょうか。ひとことで言うと「労働者を飼い殺しする会社」ということになります。

「飼い殺し」とは、労働者が働かなくても雇用や給与を保証する会社のことです。典型的には年功序列型の企業ということになります。

もともと日本企業の「年功序列」とは、年齢によって能力が衰える労働者のジレンマをカバーする仕組みです。バリバリ働く若い社員が、中高年を支える「世代間の相互扶助」であり、企業がムラ的な社会福祉を担っているのです。

しかし少子化により、少数の若者が大勢の中高年を支える構造は破綻しています。グローバルな競争環境が日本を襲い、企業が担っていた社会福祉の機能が足かせにもなっています。会社が自社の社員を一生保護するという約束は、もう守れなくなっているのです。

「経験を積みながらチャレンジできる職場」を目指せ
日本の労働運動は、立場の弱い非正規社員を放置して、手厚い既得権を有する正社員の味方ばかりしています。彼らは「飼い殺し」で労働者として終わった人たちからカネをもらい、用心棒として既得権を守る圧力をかけています。

彼らは「使い捨て」という言葉を使って会社を批判していますが、会社からすれば、働かずに高給を要求する「やらずぼったくり」は、笑止千万な存在なのです。

大企業が関連子会社への天下りで、社員の老後の面倒を見ることができていたのも、ひと昔前の話。「年功序列・終身雇用の大企業に入って親を安心させたい」と言っている就活生は、労働者としての自殺行為に向かっていると気づくべきです。

社会人経験のない学生が目指すべき会社というのは、間違いなく「経験を積みながら徐々に難しい仕事にチャレンジしていける職場」なのです。そういう会社で働いていれば、自然と知恵やスキルが上がっていきます。

経験を蓄積できれば、組織の中での仕事の単価が上がり、万一その会社に捨てられてしまっても、別の会社で職を得る可能性が高まります。「飼い殺し」の職場を飛び出して、自分がチャレンジできる会社を探すためなら、私は若いうちに「自分探しの旅」に出る意味はあるのではないかと思います。

あわせてよみたい:大雪でも「会社説明会」に行くべきなのか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP