ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大寒波のなかのキング牧師

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月13日にアメリカ・ワシントン州を雪嵐が襲い、国立公園「ナショナル・モール」に建つキング牧師の記念碑には、雪が積もっている。この記念碑、正面から見ると勇ましいキング牧師そのものだが、写真のように横から見ると、急な大寒波にたえられず、思わず腕を組んで寒さをしのいでいる…ようにも見える一枚だ。

【画像や図表を見る】

彼をたたえる記念碑が建てられたのは、2011年のこと。人種差別のない社会の実現に生涯をささげた彼は、アメリカの長い歴史を語るうえで重要な人物の一人である。

この日、ワシントン州周辺では約20cmの積雪を記録。アメリカでは毎年1月の第3月曜日は、キング牧師の誕生日を記念する祝日「キング牧師デー」となっているが、今年の彼のバースデーも雪が降っていたという。
(R25編集部)

大寒波のなかのキング牧師はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「北国出身=寒さに強い」説を大マジメに検証してみた!
労働時間で比較!世界の労働事情
アメリカ政府公認の「海外バイト」
「資源小国ニッポン」が世界に誇る意外な「資源」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP