ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバケは怖い! サメも怖い! だからサメがオバケになったら超怖いはず! C級ホラー映画『ゴーストシャーク』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


この世に未練を残して死んだ人間がオバケになるのなら、この世に未練を残して死んだサメだってオバケになるかもしれませんよね?
ってことでみなさんお待ちかね!このたびサメがオバケになりました! 2月5日よりDVD発売&レンタル開始されました映画『ゴーストシャーク』です。

すべての画像が表示されない場合はホラー通信をご覧ください。

賞金3万ドルをかけて巨大カンパチを釣ろうとしていた、見るからにゲスな親子。釣りが難航するなか、終了時間間際でようやくカンパチが竿に!……と思いきや、その3万ドルのカンパチをホオジロサメがパックンチョ
このゲス親子は怒りが収まらず、「3万ドルの恨み!」とかなんとか言ってサメに向かってボーガンをぶっ放し、開いた口に激辛ソースをかけ、そのなかに手榴弾をぶちこみます。やりすぎだろ。

ひとたまりもないサメは洞窟に身を隠し、密かに息絶えますが……。そんなことをされたらサメだって怒りが収まりません。このままで静かに死んでたまるものか、人間どもをぶっ殺してやるもんね!

……そうして海に姿を現したのは、青白く光る半透明のゴーストシャークです。怒りに満ちたサメはものすごい凶暴性を持ち、かつ見事なジャンプからの人間パックンチョをキメるアクティブさでもって、無差別に人間をぶっ殺していきます。

しかぁーし!! おそろしいのはその凶暴性だけじゃありません。オバケのサメは“水のあるところ”ならばどこからでも現れることができるのです。ビキニのピチピチギャルが戯れるビーチはもちろん、水たまり、水道管、トイレ、はたまたオフィスのウォーターサーバーまで!? おいおいおいなんだいそのチート仕様は!
海を避ければ済む話ではないので人間たちにはなすすべがありません。果たして、オバケザメの怒りの大虐殺を止める手はあるのでしょうか……?

海モノのパニックホラーは「もしも自分に起こったらどうしよう?」という想像でもって非常に観客を怖がらせるわけですが、今作は「こら完全にあり得んわ」と思える非常に突飛な設定ですので、これといったスリルもなくまったくの他人ごととしてご覧いただけます。

また、「この人が死ぬなんてかわいそう」と思ってしまうような人間ドラマもまったく描かれませんので、同情心の欠片も持つことなく、日常生活のさなか突如オバケザメに襲われる人々のエキセントリックな死に方を気楽に楽しむことができますね。結構すごい死に方しますぜ。

主演はマッケンジー・ロスマンというカワイコちゃん。監督は、『紀元前一億年』というどこかで聞いたことがあるようなタイトルの映画を撮ったグリフ・ファーストさんです。
オバケザメのCGは「あー、昔のCGってこんなんだったなぁ」と懐かしくなるほどチープなうえに、ときどきそのCGのサメすら描かれずに勝手に人が死んでいきますが、まぁあまり気にしてはいけません。技術がなくとも撮りたい映画を撮るその情熱と勢いが大事です。ご覧になる皆さまは過度な期待はせずに肩の力を抜いてお楽しみ下さい。

オバケザメが大活躍する映画『ゴーストシャーク』は現在DVD発売中。レンタルも開始しております。どうぞお楽しみに! しかし、サメに激辛ソースはねえよなぁ……。

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=jCCh131v6aY


レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP