ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「スマート体組成計 301SI」の販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは2月14日、同社の健康管理サービス「SoftBank Healthcast」の新デバイスとなる「スマート体組成計 SoftBank 301SI」の販売を開始しました。スマート体組成計は、内蔵されている3G通信機能を利用して測定した身体データをクラウドサーバにアップロードすることもできるハイテクな体組成計です。測定可能な身体データは、体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベル、身体年齢、骨レベル、骨格筋レベル、水分量。クラウドサーバにアップロードされたデータはスマートフォンやPCからWEBブラウザで閲覧できるほか、専用アプリ「SoftBank Healthcare」でも閲覧できます。スマート体組成計の利用料は3Gデータ通信費込みで月額590円(2年契約時)。発売日より利用料が2年間無料となる「スマート体組成計基本料無料プログラム」も実施されています。また、月額200円で家族4人の測定データの保管に対応し、データ保管期間が13か月→永年に延長となる「データ永年保管(家族向けオプション)」や、「Fitbit Force」(月額500円)と同時に購入すると、両方の月額使用料の合計から110円割引く「ヘルスケアお得パック」も提供されています。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
4月に発売されると噂の「Mi3S」のシャシーの写真が流出?
Xperia T2 Ultra(D5306)がFCCの認証を取得
Microsoft、Windows PCとWindows PhoneでAndroidアプリのサポートを検討中との噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。