ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、今後発売される北米向けフラッグシップモデルに2年間のメジャーアップデート提供を約束

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC米国法人のプロダクトチームが昨夜Redditで行われたAsk Me Anythingで北米モデルのOSアップデートに関する情報を公開しました。HTCがRedditに投稿したコメントの中で注目となるものをまとめてみました。今後される北米向けフラッグシップモデルでは、発売後2年間(24カ月)はAndroidのメジャーアップデートを提供することを約束します。HTC One miniとHTC One maxのAndroid 4.4(KitKat)現在開発中です。HTC One maxには3月上旬、HTC One miniには4月上旬に配信できると思います。Tegraプロセッサを搭載した「HTC One X」と「HTC One X+」のOSアップデートについては、NVIDIAからのサポートが受けられないためにAndroid 4.2以降にアップデートすることはできません。米AT&Tで発売された「HTC One X」はQualcommプロセッサを搭載しているので、Android 4.4にアップデートすることは可能ですが、アップデートしたからといってユーザー体験が向上するとは思えません。しかし、Android 4.4を望む方が多いのも事実です。なので、現在我々はAT&T版HTC One XにAndroid 4.4へアップデートするための最適な方法を模索しています。Source : Reddit(1)(2)



(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、Windows PCとWindows PhoneでAndroidアプリのサポートを検討中との噂
Android x86プロジェクトからx86向けAndroid 4.4.2(KitKat)のリリース候補版(RC1)が公開
ViewSonic、Bay Trail-Mを搭載したAndroid / Windows 8デュアルブートタブレット「ViewPad 10i」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。