ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離婚が頭をよぎったら! 夫婦関係の修復事例集

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 バレンタインは夫婦や恋人で甘〜いひとときを過ごす予定の人も多いはず。
 でも、中には「最近夫(妻)とうまくいってないんだよなあ」「もう離婚したほうがいいのかな……」なんて思っている人もいるかもしれません。

 でも、ちょっと待ってください。現状に不満があるのなら、夫婦の関係を見直してみませんか?
 『ぜったい離婚!? と思った時に読む本』(金盛浦子/著、小林裕美子/イラスト、佼成出版社/刊)は離婚をテーマに大ヒットし、話題となった『ぜったい離婚! から素敵な夫婦三昧』をマンガエッセイ化したもの。
 多くの夫婦を離婚の危機から救ってきた、この道35年のカウンセラー金盛浦子さんのアドバイスから、“幸せじゃない”今の状況を抜け出すヒントが必ず見つかるはずです。
 カウンセラーのアドバイスを実践し、夫婦関係を修復することができた事例を、本書から抜粋して紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

■ファーストネームで呼び合った
 二児の母であるA子。周囲からいつも「ママ」と呼ばれる毎日です。
 夫にも「ママ」と呼ばれることに嫌気がさしたA子は、ある日、夫・B太に「三日間、ファーストネームで呼び合ってみない?」と提案します。
 最初は照れ臭がっていたB太ですが、お互いをファーストネームで呼び合ううちに、夫婦の関係に変化が……。10年ぶりに結婚記念日を祝い、B太の口からは「いつもありがとう」という言葉が出るようになったのです。
 たかが名前、されど名前。名前で呼びかけるということは、「父」「母」「妻」「夫」といった役割ではなく、相手をその人自身として受け止めること。ファーストネームで呼び合うことで、二人の心の距離が縮まったのです。

■自分から相手を受け入れた
 C介は休みの日といえばパチンコばかりで、育ち盛りの子どももいるのに生活費を持ち出し、夕飯にさえ帰ってこない始末。そんなC介に妻・D美は怒ってばかりの毎日です。
 ある日、D美はふと「私が夫だったら、毎日ガミガミ叱られてばかりでしんどいだろうな」と気付きます。夫婦の関係が悪化する原因を先に作ったのは、C介のほうかもしれません。でも、D美は自分から譲って、相手を受け入れることにしたのです。
 その日から、D美は、C介がパチンコから帰ってくると、「おかえり」「パチンコ、どうだったの」と声をかけるようになりました。それ以来、C介の態度に変化があらわれはじめ、パチンコに行く回数も減り、家族と過ごす時間が増えたのです。

 本書は夫婦が新しい関係を築くためのコツを、ユーモラスに描いたマンガエッセイです。マンガなので、とても分かりやすく頭に入ってくるはずです。
 また、もっと詳しく知りたい人は、『ぜったい離婚! から素敵な夫婦三昧』(金盛浦子/著、佼成出版社/刊)を読んでみてください。

 夫婦の関係を見直して、夫婦で楽しいバレンタインを過ごしましょう♪
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
有利に離婚するための3つの方法
結婚したら家に金を入れない、離婚したら泥沼裁判地獄
「結婚はデメリットだらけ」って本当?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP