ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動運転カー、事故ったら責任は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今注目されている「自動運転技術の実用化」。トヨタ、日産、ホンダが次々と試作車を発表し、すでに公道での走行試験も実施されている。そこで気になるのが、「自動運転カーで事故が起きたとき、責任を問われるのは誰か?」という点だ。アディーレ法律事務所で交通事故事件を多く扱う弁護士・篠田恵里香さんに聞いてみた。

【画像や図表を見る】

「もし、一切ハンドルを握らなくてもよいほどの自動運転カーに乗っていたとしても、ドライバーが完全に免責されることはないと思います。たとえば会社が従業員の問題行動に一定の責任を負うケースがあるように、自動運転カーを普段から管理しているドライバーが事故の責任を負う流れは自然です。メーカーの説明通りに使っていなかったり、定期的なメンテナンスを怠っていたりしたら当然ドライバーの責任はより重くなるはず。一方で、使い方がわかりづらいなど十分な説明がなされていない場合は、製造物責任法の『指示・警告上の欠陥』に該当し、メーカーに責任の一部が発生する可能性もあります」

車が劇的に変わっても、ほぼこれまでどおりの法律が適用されるということだろうか? 

「いいえ、今後は自動運転カーのための法整備が進んでいくでしょう。たとえば従来の法律では、自動車事故を起こした場合、ドライバーの責任は『予測可能性』と『回避可能性』の二本柱に基づいて検討されます。起こりうる事故をきちんと予測していなかったことや、予防できる事故を避けられなかったことに『過失』の罪が生じるわけです。しかし、自動運転カーがより高度化するようになれば、こうした『予測』と『回避』はドライバーの意思というより車のシステムに依存する可能性も。その際には、ドライバーの責任を軽減する方向になるかもしれません。

また、ドライバーが自動運転をずっと監視するのでは自動運転カーの意義が乏しいので、“目を離してはいけない場面”を法律で限定したいところ。発車直後や高速道路の料金所周辺など、事故の起きやすい環境に絞られるのが好ましいですね。ただし、危険なシーンをリストアップするには実用化からある程度の時間が必要。事故のパターンも多種多様なので、このあたりの話はまだ現実的ではありません」

そもそも現行の法律では、運転者がハンドルを握らずに車を走行させることは認められていない。自動運転カーの普及には、少なからず法改正が必要となるのだ。とはいえ、夢がふくらむのは事実。負担の少ない長距離ドライブに思いを馳せて、気長に待つとしましょうか。

(菅原さくら/アバンギャルド)
(R25編集部)

自動運転カー、事故ったら責任は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「自動運転」技術の最前線に迫る
トヨタ新技術で未来に夢描く人続出
交通事故被害の保険金は増額できる
居眠りもバレる!クルマが僕らを救う!?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP