ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛知で有名なラーメンチェーン店“スガキヤ”のスプーンは昔と現在とで形が違う?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


愛知県を中心に有名なラーメンチェーン店“スガキヤ”をご存じだろうか。マスコットキャラクターのスーちゃんにソフトクリームが食べられ、また値段もかなり安いことから中高生にも人気なラーメン店。一度食べるとその味の虜になってしまうのだ。特製ラーメンでさえ420円と言う安さ。たまに半額デーをやっており、そのときは更に激安となる。

そんな“スガキヤ”で出されるスプーンは独特な形。先が割れていてフォークのような形状をしている。これはスープを飲みながら具を刺すことができるという、スプーンとフォークの役目を兼ねているのだ。もちろん箸だけで食べることもできる。

そんなスプーンの形が昔と現在では異なるのはご存じだろうか? 今は左右均等の形をしているが、昔のスプーンは右よりになっている。昔のスプーンは右利き用に作られていたもの。それを右利き、左利きどちらでも使えるように改良したのである。

以前は都内にも店舗があったのだが今はなくなってしまったようだ。一度食べたらやみつきになってしまう“スガキヤ”。愛知県に立ち寄ったさいは是非食べてみてほしい。また先割れスプーン(MoMA製)はアマゾンでも購入することができる。

名古屋という文化は良い意味で異様だということ 「変わった食文化」「ブスが多いは都市伝説?」

<この記事に対するコメント&ツイート>
・左利きの人には申し訳ないが改悪だと今でも思う。
・確かに「先割れスプーンってこんな形だったっけ?」と思った事はあった。あれ食べづらいよなぁ…
・先割れスプーンがアマゾンで購入できることを初めて知ったわ(笑)
※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP