ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名刺の情報を一瞬でスマホに取り込めるアプリ 導電性インクで可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまな場面でITが活用され、あらゆる情報がデジタル化されつつある現代だが、意外に変わらないのがビジネスシーンでの名刺交換だろう。名刺という紙を互いに差し出し、保管し、必要に応じて名刺に刷られた電話番号を見ながら電話をかけたりメールアドレスを入力したりと、意外に“ローテク”だ。

もちろん、名刺に代わるツールを模索する動きはすでにある。Googleは近距離無線通信(NFC)を活用してAndroid端末同士で情報を交換できるサービス「Beam」を展開しているが、Androidに限定されているせいか既存の名刺に取って代わるほどには普及していない。

そうした従来の名刺とBeamの中間に位置するような新たなサービスを、米国マサチューセッツ拠点のスタートアップ「TouchBase Technologies」が開発した。アプリを起動したスマートフォンのスクリーンに導電性インクで書かれた名刺を載せるだけで、その人の名前や会社名、肩書き、連絡先といった情報を端末に取り込めるというものだ。

名刺に刷られた情報はあらかじめ本人がTouchBase に登録し、それらはクラウドに保存される。名刺にある名前や連絡先だけでなく、顔写真、LinkedInやTwitterでのコンタクト先も登録できる。名刺をもらった人はスマホにかざすだけでそうした情報が自動でとりこまれるので、その端末からワンタップで電話をかけたり、LinkedIn で詳細な情報を入手したりできるという仕組みだ。また。名刺を差し出した側は、誰が自分の名刺情報にアクセスしたのかもわかるようになっている。

現在、このサービスが使えるのはiPhone5、5S、5Cのみ。もちろん、導電性インクの名刺を活用することが前提で、現在資金調達サイト「Indiegogo」で展開しているキャンペーンでは名刺36枚を25ドルで作成できる。TouchBaseユーザー同士でしか使えないサービスだが、営業マンやアーティストなど相手に自分を強く印象づけたい人にはうってつけのサービスかもしれない。

TouchBase Technologies

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP