ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年下半期のスマートウォッチ出荷シェアでGalaxy Gearが54%を占める(Canalys調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 Canalysが2月12日に公開した、2013年下半期のリストバンド型ウェアラブルデバイスの出荷台数シェアに関する調査レポートによると、スマートウォッチのシェアでGalaxy Gearが半数を上回る54%を占めていたことが判明しました。Canalysの調査では、リストバンド型活動量計は「Basic Band」に、スマートウォッチは「Smart Band」に分類されています。このうち、2013年下半期の「Smart Band」の出荷台数は合計160万台だったとのことです。「Smart Band」のトップはGalaxy Gear、2位はSony(19%)、3位はPebble(16%)、4位以下はOthers(11%)という結果。Samsungの「Smart Band」はGalaxy Gearしかないので、シェアはGalaxy Gearだけのものになります。一方、「Basic Band」では、Fitbitが58%と過半数を占めてトップ。2位はJawBone(21%)、3位はNike、4位以下はOthers(8%)という結果でした。Canalysは近年のウェアラブルデバイスの盛り上がりから、その出荷台数は2014年に800万台、2015年に2,300万台、2017年までに4.500万台に達すると予測しています。Source : Canalys



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xiスマートフォン他社からのりかえキャンペーン」の実施期間を2014年3月2日までに延長、一部機種は50,000円キャッシュバック
Sony Mobile、Xperia VにAndroid 4.3(9.2.A.0.295)へのアップデートを配信開始
Samsung、Galaxy Gearに「XXUBNA6」ビルドへのアップデートの配信を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP