ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セカンドEP『IGNITE』が到着した小林太郎のインタヴューを更新!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

2013年1月にメジャーからの初フル・アルバム『tremolo』を発表し、その後の多面的な経験のなかでさまざまな試行錯誤を重ねてきた23歳のシンガー・ソングライター、小林太郎。これまで作品ごとに特定のテーマを追及し続けてきた彼が、いよいよ心の赴くままに作り上げたというセカンドEP『IGNITE』が到着した。 

ハーレーダビッドソンのタイアップ曲として生まれたハード・ロッキンな表題曲“IGNITE”やJ-Popの持つ歌謡性を強調したメロディアスなナンバー、ステッペンウルフ“Born To Be Wild”をはじめとする洋楽カヴァーなど多彩な楽曲が詰め込まれた本作について、bounceでは本人へのインタヴューを敢行! 作品についてはもちろん、彼が目指す〈ロックの形〉といったトピックなど、たっぷりと語ってもらった。

★インタヴューはこちら

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。