ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場の味を日本で楽しめるブラジル家庭料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月11日の「news every.」(日本テレビ系、毎週月~金曜)では、日本で奮闘する“おもしろ外国人店主”を特集し、横浜市鶴見区のレストラン「セグレード」を紹介された。

 セグレードは鶴見駅から徒歩10分ほどの商店街の中にあるブラジル家庭料理のお店。本場の味をそのまま提供していることから、日本在住のブラジル人も遠方から訪れるという。定番メニューの「フェイジョアーダ」はブラジルの国民食で、黒インゲン豆、ソーセージ、タマネギなどを使った豆と肉の煮込み料理。ヤシの芽のサラダ「パウミット」は、コリコリしたタケノコのような食感で、かすかな甘さが特徴。一番人気の「エスペトミスト」は牛肉のグリルで、店オリジナルのスパイスが味を引き立てている。

 リポーターのやない由紀さんは「エスペトミスト」を試食し、「ジューシー! しっかりしたお肉というかみ心地があって、かむごとにお肉のうまみがどんどん出てきます。お肉のうまみの後に、スパイスがフワッと香って、食欲を誘うんですね」とコメントしていた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:セグレード(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:鶴見のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介
ぐるなび検索:鶴見×アジア・エスニック料理のお店一覧
季節のお菓子を抹茶チョコソースで 「祇園フォンデュ」にデヴィ夫人絶賛

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。