ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

削除された「Flappy Bird」! Fall Out Boyがそっくりアプリ配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Fall Out Bird」/画像はGoogole Playより
1日で約500万円もの収入を得ていたという爆発的ヒットを飛ばしたゲームアプリ「Flappy Bird」が人気絶頂の最中、2月初旬に突如削除されるに至ったことは記憶に新しいが、つい先日、アメリカの人気ロックバンド・Fall Out Boyが同アプリを元にしたアプリ「Fall Out Bird」をAndroid向けにリリースした。iOS版も近日中に配信予定だという。

Fall Out Bird is here

「Fall Out Bird」は、Fall Out Boyの楽曲「Young Volcanoes」をBGMに、現メンバーの4人に翼が生えたキャラクターを使用して進めていく、シンプルな操作の横スクロール型アクションゲーム

「Fall Out Bird」/画像はGoogole Playより

2013年に復活を遂げた人気ロックバンド

Fall Out Boyは、シカゴ出身の4人組ロックバンド。メジャーデビューアルバム『From Under the Cork Tree』を皮切りに、続々とヒットナンバーを生み出し続け、エモやポップパンクバンドとして不動の地位を築いている。2009年の無期限の活動休止期間を経て、2013年に活動の再開を発表し、今に至る。

約半年後に爆発的ヒットを飛ばした「Flappy Bird」

画像は「Flappy Bird」のスクリーンショット

そんなFall Out Boyがオマージュした話題のゲームアプリ「Flappy Bird」は、2013年5月にリリースされ、しばらくは特に話題になることはなかった。しかしそれから約半年後となる12月頃に突如人気が急上昇

最終的にアプリのダウンロード数は5,000万回を超えていたと言われおり、開発者によると1日で、日本円にして約500万円もの広告収入を得ていたという。

単純な操作でありながら難易度が高く、どこか糸通しゲームのような要素が感じられる中毒性が人気を呼んだよう。ところが2月9日に、App StoreとGoogole Playから削除されてしまい、現在ではもうダウンロードすることができない。

一部では法的問題が絡んできたのではないかという噂も流れたが、開発者によると「Flappy Bird」の中毒性がありすぎることに対しての苦悩や、同アプリ自体に嫌気がさしたことが削除理由のようだ。

関連記事

自分の居場所を答えるゲーム「GeoGuessr」が面白いと評判に
任天堂前社長・山内溥氏へ捧ぐ。クッパをモチーフにした楽曲をサンダーキャットが公開
Facebookが放つ、ニュース閲覧アプリ「Paper」

関連リンク

Fall Out Bird
FALL OUT BOY | フォール・アウト・ボーイ – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP