ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DashClockの開発者であるGoogle社員が新たなAndroidアプリ「Muzei Live Wallpaper」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エクステンションで機能を拡張できるロック画面ウィジェットアプリ「DhashClock」の開発者であるGoogleのRoman Nurik氏が「Muzei Live Wallpaper」と呼ばれる新アプリをリリースしました。「Muzei Live Wallpaper」はよくあるライブ壁紙アプリなのですが、アイコンの見やすさを損なわずにホーム画面をギャラリーとして活用できるようにする工夫が施されています。このアプリで壁紙は「ぼかし」の入った状態で表示されるのですが、画面の空き地を2連続タップすると壁紙の表示が鮮明になります。1枚目の画像をご覧になればわかると思いますが、ぼかしの入った状態(左)のアイコンは見やすいですよね。「Muzei Live Wallpaper」の壁紙は日々バックグラウンドで更新されますが、端末に保存された画像をランダムに表示することも可能です。設定方法は通常のライブ壁紙アプリと基本同じです。壁紙選択画面で「Muzei」をタップして、「Featured Art」または「My Photos」のどちらかを選択します。「Choose source」のリストから「Advanced」を選択すると、ぼかしの度合いの調節、壁紙更新の通知のON/OFFを変更できます。「Muzei Live Wallpaper」(Google Playストア)Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、愛犬向けの新サービス「ペットフィット」を3月に提供開始、遠隔地でスマートフォンから飼っている犬の様子などを確認できる
Android版「Google Playミュージック」がv5.4.1409Nにアップデート、All Accessのオフライン利用に対応、サービス登録解除操作がアプリ内で可能に
Sony Mobile D6503‟Sirius”の動作映像が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP