ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android/Firefox OS両対応の「Geeksphone Revolution」は2月20日に発売、価格は€239(約33,000円)+VAT

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペインの端末メーカー Geeksphoneが以前より発売を予告していたAndroid/Firefox OS両対応のスマートフォン「Revolution」の発売日と価格が判明しました。昨日スペインで製品発表会が開催されたそうで、その際、価格と発売日が発表されたほか、実物も展示されたそうです。Revolutionの価格は€239(約33,000円)+VATで、発売日は2014年2月20日とアナウンスされたそうです。気になるOS仕様については、製品にはAndroid 4.2.2(Google Play非対応)が搭載されており、AndroidのオプションからFirefox OSのオープンソース版となるBoot 2 Geckoや他のコミュニティベースのOS(カスタムROM)に変更できるという内容とのこと。デュアルブートまたはデュアルOSを採用した製品ではない模様です。Revolutionは、4.7インチ960×540ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、Intel Aom Z2560 1.6GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、2,000mAhバッテリー搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+ 21Mbps、GPS/A-GPSに対応しています。Source : Engadget Español



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年の国内スマートフォン出荷台数は1,318万台と前年割れ(JEITA調査)
LGがMWC 2014での「LG G2 Mini」の発表を予告
SonyのWEBサイトで未発表の‟Sirius”かもしれないXperiaスマートフォンが公開されていた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP