ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新書大賞2014」が発表 大賞に『里山資本主義』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 2013年に発行された新書の中から、「読んで面白かった」「内容が優れていると感じた」「おすすめしたいと思った」本を、編集者や書店員をはじめとした出版関係者が選定する「新書大賞2014」(中央公論新社主催)が発表され、角川oneテーマ21の『里山資本主義』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著、角川書店/刊)が大賞に選ばれた。

 「新書大賞2014」年間ベスト5は以下の通り。

大賞 『里山資本主義』藻谷浩介、NHK広島取材班/著、角川書店/刊
2位 『犬の伊勢参り』仁科邦男/著、平凡社/刊
3位 『(株)貧困大国アメリカ』堤未果/著、岩波書店/刊
4位 『野心のすすめ』林真理子/著、講談社/刊
5位 『来るべき民主主義』國分功一郎/著、幻冬舎/刊

 大賞に輝いた『里山資本主義』は『デフレの正体』の藻谷浩介さんとNHK広島取材班がタッグを組んで書かれた一冊で、経済の行き詰まりによって生じた閉塞感の打開策として、新たな豊かさを享受するシステムが提案されている。部数も24万部を突破しており、2013年を代表する新書となった。
 2位の『犬の伊勢参り』は伊勢神宮式年遷宮が話題になった昨年ならではの一冊で、江戸末期から明治初頭の約100年の間に数多く目撃された“犬の伊勢参り”の謎に迫っている。3位の『(株)貧困大国アメリカ』は『貧困大国アメリカ』シリーズの完結編で、“株式会社化”するアメリカの姿が描かれている。

 『中央公論2014年03月号』(中央公論新社/刊)では、上位20位まで発表されているほか、審査を務めた書店員や出版関係者によるコメントや、『里山資本主義』の著者である藻谷さんのインタビューなども掲載されている。
 新書大賞は2008年にスタートし、今回で7回目を迎えた。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
「働いたら負け」は本当だった!?
広告代理店と大企業とフェアトレードの裏にあるねじれた関係とは?
実際に日本で財政破綻が起こったらどうなるのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP