ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、2014年は低~中価格帯のスマートフォンにも注力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

販売台数の減少が影響して業績不振の続くHTCが、2014年は低~中価格帯のスマートフォンの販売を拡大して収益を改善させようと計画しているとReutersが報じています。近年は中国メーカーだけではなく、大手グローバルメーカーからも次々にコストパフォーマンスに優れた機種が投入されており、低~中価格帯市場は急速に成長しています。HTCの2013年ラインアップは主にプレミアム市場をターゲットにしたものが多かったのですが、そのために競合の大手メーカーだけではなく、Xiaomiなどの中国メーカーさえもHTCにとっては脅威となる存在になってしまったようです。Rutersによると、HTCのCFOを務めるChialin Chang氏は、‟今年は$600のプレミアムモデルだけではなく、$150~$300の低~中価格モデルも先進国と新興国の両方で積極的に販売していくことにした”と述べました。また、HTCの会長を務めるCher Wang氏は、”2013年の問題はプレミアム市場だけに注力していたことで、巨大なミッドレンジ市場を見逃していました”と先週ニューヨークで行われたインタビューで述べたと伝えられています。中~低価格帯の機種にも注力するとなれば、その価格帯で投入されているDesireシリーズが今年は昨年よりも増えると予想されます。Source : Reuters



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「mixiニュース」がv1.2.0にアップデート、ブックマーク機能が追加、コメント公開範囲の変更にも対応
GogoleはAndroid 4.1.x以下でのGoogleアプリ認証受付を終了したという噂
Android版「Google Playブックス」がv3.1.33にアップデート、PDFとEPUBファイルのアップロード機能が復活

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP