体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恒例!TOKYO MXの選挙開票速報番組でまたもオモシロツイートが表示される! 「たまこまーけっと2期」「わっふるは食べ物じゃない」

昨日都知事に選ばれた舛添要一元厚生労働相(65)。その開票速報がTOYKO MXで行われ司会に池上彰さんを招いての番組となった。恒例の如く番組下にはTwitterの投稿内容が表示されており「#tokyomx」や「#tokyomxnews」というハッシュタグを入れている場合はその対象となるようだ。

その内容は次の様なもの。

・ニセコイ
・わっふるは食べ物じゃない
・たまこまーけっと2期
・わっふるは食べ物じゃないでは 東京MXを応援しています
・2月22日発売

「たまこまーけっと2期」はアニメの2期という意味で「ニセコイ」は同様にアニメのタイトル。「わっふるは食べ物じゃない」は『ニコニコ生放送』のゲーム配信を行っているコミュニティの名前。正式には「(´・◞_>◟・`)わっふるは食物じゃない!」である。

「2月22日」は『PlayStation 4』の発売を意味している(「#PS4」というつぶやきも確認できた)。

過去には同局の開票速報番組『参加できる選挙番組 首都決戦2013参院選 「ネット」解禁!いま「選挙」を考える』にて同じように『Twitter』表示が行われた。その際も無関係なハッシュタグ付き投稿が話題となった。

他局(フジテレビ)では独自のつぶやき機能である『イマつぶ』というつぶやきサービスを使用し、局に不利な内容、ネガティブ、誹謗中傷が含まれる内容は表示しないようにしている。地上波で放送するわけで、もちろんこれらのフィルタリングもごく当然である。個人情報がつぶやかれてしまったらそれこそ放送事故である。

TOKYO MXもフィルタリングは行っているだろうが、問題ないと思われる面白いツイートは掲載させる意向のようだ。

TOKYO MXの選挙特番がまたもアニメファンに占拠される! 「茅野愛衣さんマッサージしてください」

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。