ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴムボート死の内閣府官僚 公安にマークされていたとの証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東大卒のエリート内閣府職員・A氏(30)が渡航先の韓国から日本にゴムボートで密入国しようとして死亡した事件は様々な憶測を呼んでいる。韓国の情報筋はこんな見立てを披瀝した。

「A氏は日本の経済アタッシェ、つまり海外の経済情報を集めるスパイだったのではないか。その情報収集・工作中に何らかのトラブルにあったということ。だからこそ、日本政府は動かず、捜査も海保任せにして、警察もほとんど動いていない。韓国政府に捜査要請しないのもその証左だ。そもそも、彼の氏名すら公表されていないのはおかしいでしょう」

 とはいえ、A氏は直接、情報活動にあたる立場にはない。日本の情報部門として米CIAや韓国・国家情報院(国情院)のカウンターパートとなる内閣情報調査室(内調)は官邸の組織であって、A氏のいる内閣府とは近くて遠い存在のはずなのだが……。菅沼光弘・元公安調査庁第二部長はこう語る。

「内調のような日本の情報機関の場合、本体の規模が小さく、人員も少ないため、いろいろな外部機関と協力関係を結び、情報収集をすることになる。キャリアからして彼がそうだとは考えづらいが、外郭団体や海外にいる人間に情報収集を依頼するケースも確かにある」

 不思議なのは、韓国だけでなく日本国内でも、今回のことは捜査関係者の間で徹底した箝口令が敷かれているということだ。

 だが、そんななか共通の証言が複数筋から出てきた。「A氏は公安からマークされていた」というのだ。

「事実、事件発覚当初、警視庁公安部外事二課が捜査に動いた形跡がある。箝口令が敷かれているのは事件性が高いためで、だから海保はいまだに遺体を福岡県警に渡さないでいる」(内調関係者)

 いったい彼はどんな理由で公安にマークされていたのか。ある公安関係者が、驚くべき情報を明かした。

「国情院の工作員が4人、事件発覚前の1月16日に日本に入国した。われわれはもちろん接触相手や会話の内容などの把握に努めたが、その際、たまたまこんな話が確認された。

『Aは死んだようだ』
『内閣府の人間だな?』

 調べてみると、確かにA氏という人物が内閣府におり、留学先から韓国に渡航し、行方不明になっていることが確認された。この時点では死亡したことはもちろん、事件について何も公になっていないのに、彼らはどうしてわかっていたのか。後ほど彼が死んでいたことが明らかになってから、背筋が寒くなった」

 事実とすれば、A氏は何らかの形で韓国の工作活動に携わり、国情院の監視下にあったということだ。友人に語った「日本に帰れない」は、別の意味も含んでいたのだろうか。

「A氏はその工作活動の過程で韓国側の裏切り行為に遭い、船からリリースされる形で、ボートで流されてきたのではないか」(前出・公安関係者)

 にわかには信じがたい話だが、もしこれが事実だとすれば、確かに箝口令を敷かざるを得ない重大なインテリジェンス事件である。

※週刊ポスト2014年2月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
警視庁公安部 同じ警察官でも詳細分からぬほど秘密主義貫く
韓国入国拒否された呉善花氏「近代国家がすることと思えぬ」
「慰安婦デモ」の岡崎トミ子議員が国家公安委員長になる怪

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP