ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CustomShare : Androidの「共有オプション」に表示されるアプリを制限できるXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Androidの「共有オプション」リストに表示されるアプリを制限できるroot端末ユーザー向けにXposedモジュール「CustomShare」を紹介します。Androidの便利なところは「共有オプション」を介して他のアプリにデータを渡せるところですが、アプリの数が増えるに連れて共有オプションのリストに表示されるアプリ数も増えていきます。端末を1,2年も使っていると目的のアプリを見つけるのにリストを上下に何度もスクロールすることもしばしば。イライラしてしまうことが増えてきます。その問題を解消してくれるのが今回紹介するXposedモジュール「CustomShare」です。「CunstomShare」はインストール済みアプリの中から選択したアプリを共有オプションのリストに表示させないようにするアプリです。アプリ画面のリストでアプリ名をタップして赤色に変化させたものは共有オプションに表示されなくなります。「CustomShare」を使うと次の図のように上下にスクロールしないスリムなリストを構築することも可能です。アプリの性質上、リストに表示するアプリを絞りすぎると目的のアプリを選べなくなることもあるので、アプリの選定にはご注意ください。また、無料版で非表示にできるアプリ数は5個です。6個以上のアプリを非表示にするにはライセンス(367円)が必要になります。Xposedインストーラーのダウンロード先:XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、KDDI向けに5.5インチスマートフォン「SCH-J003」を開発中?
HTC端末じゃなくてもHTC BlinkFeedを再現できるAndroid向けホームアプリ「DO Launcher」が公開
操作が超楽な画像・動画共有アプリ「Droid Zap」がAndroid 4.1以上を搭載した端末で利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP