ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上春樹作品に抗議 反応冷ややか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『文藝春秋』2013年12月号に掲載された村上春樹の短編小説『ドライブ・マイ・カー』に北海道中頓別町について事実に反する表現があったと、同町の町議員らが同誌を発行した文藝春秋に質問状を送ることを決めたと毎日新聞が報じている。

【画像や図表を見る】

作品に抗議している中頓別町議会議員・宮崎泰宗氏のブログによると、問題とされているのは、中頓別町について「車がなければ生活できないようなところです」「小さく短く息をつき、火のついた煙草をそのまま窓の外に弾いて捨てた。たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」などと表現した部分。宮崎氏はこれらの箇所に対し、

「ノーベル文学賞候補となる作家が事実と異なることを小説にしたことが町のイメージダウンにつながり、このまま放置すれば、本町への偏見と誤解が広がる訳ですから、作家に遺憾の意を伝え、なんらかの対処を求めることの緊急性は高いと思います」

と、不適切な表現であることを指摘している。

また、『ドライブ・マイ・カー』に対する決議案を議会運営委員会に提出したものの、「議会としての決議には馴染まない」という理由で受理されなかったことも明かしている。

毎日新聞で報じられたことで、広く知れわたったこの騒動。前出ブログのコメント欄では、

「道北在住の者です。
何度か訪れた中頓別の話題がネットに出ていて驚きました。
町はきれいで、確かに今時ポイ捨てをする人がそれほどいるとは思いません。
しかし、たかが小説、フィクションであり、鬼の首を取ったように騒がなくてもいいのではないでしょうか?(後略)」
「(前略)いくら『フィクション』『表現の自由』だとしても実在する町を取り上げる際、ましてや悪印象を与える表現には、もう少し配慮が必要だったと私も思います。(中略)質問状について賛否色々ありますが、村上さん側からのなんらかのアクションがあるといいですね」

などと、賛否両論の意見が寄せられている。

また、2ちゃんねるの「【文芸】『中頓別町ではたばこのポイ捨てが普通のこと』 村上春樹氏の小説に『屈辱的表現』、町議ら文春に質問状へ」というスレッドでは、

「フィクションの中の人物が違法行為や反社会的行為してるのに本気で文句言うやつが最近増えた気がする」
「軽いジョークも言えない世の中になるのかな」
「フィクションの表現に対して事実と違うって言われてもなぁ」

などの意見が寄せられている。作品内の表現自体の是非はともかくとして、小説の内容に抗議するという行為に対しては、違和感を持たざるをえないというネットユーザーが多かったようだ。

フィクション作品に対する抗議ということでは、日本テレビ系のドラマ『明日、ママがいない』のケースがちょうど話題になっている。「児童養護施設の実態とかけ離れている」として、熊本の慈恵病院や全国児童養護施設協議会から抗議を受けた同ドラマだが、ネット上でもその内容を問題視する意見も多く、スポンサーがCMの放映を取りやめるまでに至った。

一方、今回の『ドライブ・マイ・カー』については、ネット上での反応を見る限り、比較的作品を擁護する意見が多いという印象だ。6日未明に最終更新された北海道新聞のウェブ版の記事によると、「2月中の回答を求め、7日までに内容証明郵便で発送する」という。文藝春秋や村上春樹の反応に多くのネットユーザーも注目するところだろう。
(R25編集部)

村上春樹作品に抗議 反応冷ややかはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
村上春樹最新作に読者から辛口評価
村上作品 痛快?「★1」レビュー
ラノベ新人賞 盗作騒動に作者検証
台風後「傘ポイ捨て」をめぐり議論
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP