体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽を楽しんじゃおう!音と光が美しい『TENORI-ON』

tenori-on1

音楽を演奏する人にあこがれを感じたことはないでしょうか。ギターやドラム、サックス、バイオリン、キーボード、パソコンを駆使して音楽を作る人へのあこがれ……。そんな気持ちはあるけれどもなかなか楽器はハードルが高いと思っているあなた、楽器はやっているけどぜんぜん上達しなくてくじけそうになっているあなた、そんなあなたにいいものを紹介しちゃいますよ。

記者も数々の楽器に手をつけては挫折(ざせつ)を繰り返していました。かっこよく演奏できるのはいつの日やら……ふぅ。「簡単で、見た目もきれいで、音楽を楽しめるようなそんな都合のいい楽器ないかな、光ったりするとステキだよね。ふふふ。」なんて、会社のデスクで怪しく独り言をつぶやきながら検索してひっかかったのがこれ。

YAMAHAの『TENORI-ON』

『TENORI-ON』公式サイトを見ると
——
メディアアーティスト岩井俊雄とヤマハとのコラボレーションによって制作された21世紀の音楽インターフェース。16×16個のLEDボタンを使って、音楽の知識がなくても視覚的・直感的に作曲/演奏することが可能です。
——
※『TENORI-ON』公式サイト「製品情報/コンセプト」より引用
http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/what/#a01

なにやら見た目もおもしろそう。「音楽の知識がなくても視覚的・直感的に作曲/演奏することが可能」とあります。マジっすか!これはもしや私の求めていたものではっ。

さっそくヤマハさんに借用を依頼。『TENORI-ON』には、下記の2つの機種があるのですが、グレードの高いTNR-Wをお借りできることになりました!ヤマハさん太っ腹!ステキ!

・TNR-W(テノリオン ホワイトLED)

tenorion_furi

 ・フレーム:銀色の強度と重厚感のあるマグネシウム製
 ・LED:表裏両面に白色LEDが埋め込まれ、演奏をオーディエンスに見せることが出来る
 ・電源:AC電源、電池
 ・Amazon価格(2010/03/13現在):10万8900円

・TNR-O(テノリオン オレンジLED)

tnr-o_furi11

 ・フレーム:白いプラスチック製
 ・LED:片面のみオレンジ色のLED
 ・電源:AC電源のみ
 ・Amazon価格(2010/03/13現在): 6万2820円

数日後、『TENORI-ON(TNR-W)』がわが社に到着。ワクワクしながら開封してみました。
「おぉー、なんだかおもしろそう。きれい。」
どういうものかは、だいたい把握していましたが、実物を見ると予想以上でうれしくなっちゃいますね。

簡易マニュアルと公式サイトの情報を見ながら、さっそく操作してみましょう。
——
TENORI-ONには、LEDボタンの操作方法および発音/発光のしかたが異なる6種類のプログラムが用意されています。これらのプログラムを演奏モード(もしくは単にモード)と呼びます。TENORI-ONでは、これら複数の演奏モードを同時に駆使し、音を重ね合わせて鳴らすことで、豊かな音楽表現が可能となります。
——
※『TENORI-ON』公式サイト「製品情報/演奏方法/モード」より引用
http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/features/index.html#a01

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。