ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キター!!! 大手ゲームメーカーが3DS用キラータイトル『超人ウルトラベースボールカードバトル』を発売 過去の取材で答えていた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大手老舗ゲームメーカー、カルチャーブレーンをご存じだろうか? ファミコン時代に『飛龍の拳』や『アラビアンドリーム シェラザード』などを発売してきたメーカーで一時期はゲームスクールも行っていた。

最近では子供向けゲームにシフトしていた同社だったが、レトロゲームファンを喜ばせる作品が復活した。同じくファミコン時代に発売した『超人ウルトラベースボール(1989年)』が『ニンテンドー3DS』で発売されることが決定。もちろん移植ではなくキャラクターも3Dで作り直された新作である。

このゲームの特徴はなんといっても普通の野球ゲームにはない超人的な能力である。消える魔球や止まる球、更には地震打ちや野手吹っ飛ばしなどあり得ない技満載である。そんなトンデモ能力にカードバトルが加わった。5枚ずつ配られたカードを投手と打者が使うカードを決定し、それぞれ結果が表示されるという物。魔球vs秘打で白熱の試合が繰り広げられるぞ。発売は3月13日で4980円となっている。

2011年のカルチャーブレーンが『ニンテンドー3DS』参入表明時のガジェット通信独占取材によると「うちって過去に『飛龍の拳』とか『ウルトラベースボール』出してるんで、それが出るかもということで」と回答していた。そのときの語っていた『ウルトラベースボール』が実現したわけである(取材記事は下記記事参照)。

この当時のインタビューから3年、『超人ウルトラベースボール』が現実の物となったのである。今度は『飛龍の拳』の続編が出るかもしれないぞ。

【独占スクープ】あの有名ゲームメーカーが『ニンテンドー3DS』に参入表明! 既に3タイトル制作中(取材記事)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP