ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリで多機能化!スマート家電

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホと連携した「スマート家電」が注目を集めている。市場の先駆けとなったのはパナソニック。専用アプリを入れたスマホを対応家電にかざすだけで、洗濯機は洗剤の種類ごとに最適なコースを設定、オーブンレンジはネット上のレシピから調理モードを設定できるというから驚きだ。東芝からはスマート家電システム「家電コンシェルジュ」が登場。外出先からのエアコン操作や、冷蔵庫の中身を確認することまで可能になった。シャープは、ロボット掃除機「COCOROBO」をスマート家電システムに対応。留守中の掃除やエアコンの切り替えを、アプリを介して「COCOROBO」に指示することができる。節電や節水にも効果の高いスマート家電は、今後もますます発展しそうだ。
(R25編集部)

アプリで多機能化!スマート家電はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「学生発ヒット商品」の作り方
“大人のARおもちゃ”最前線
スマホと連動する高機能な蛍光ペン
スマホ対応G-SHOCKが進化
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。