ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョコでリラックス&集中力UP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月といえばバレンタイン! バレンタインといえばチョコレートですね。意外に思われるかもしれませんが、チョコレートには脳の働きに影響を及ぼす成分が豊富に含まれているんですよ。

【画像や図表を見る】

チョコレートの原料となるカカオには、アミノ酸の一種であるGABAが含まれています。GABAは脳で抑制性の神経伝達物質として働くため、ストレスを鎮め、リラックスをもたらすといわれています。また、カカオの苦味の成分であるテオブロミンには、大脳皮質を刺激し、集中力や記憶力を高める効果が期待できます。チョコレートの甘さのもととなるブドウ糖もすばやく脳のエネルギーになってくれます。

さらにカカオの外皮には、恋愛をしているときに分泌されるフェニルエチルアミンという神経伝達物質も含まれています。チョコレートを食べると幸せな気分になったりドキドキしたりするのは、そのためだといわれているのです。

北嶋佳奈=監修
管理栄養士&フードコーディネーター。レシピ開発や栄養・ダイエットに関するコラム執筆、飲食店メニュー提案などで活躍中。ブログでは定期的にレシピも公開している。レシピ本『遅夜ごはん』(宝島社)が好評発売中。 http://ameblo.jp/kanagohan15/

富永玲奈(アート・サプライ)=取材・文
(R25編集部)

チョコでリラックス&集中力UPはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
若手男性9割「義理チョコは不要」
本命に贈るチョコブランドベスト5
女心をつかむお菓子なアイテム
冬になると、こってりしたものを食べたくなるのはなぜ?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP