体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コンデジレビュー】機敏になったキヤノンのミラーレス『EOS M2』

EOS_M2

あらかじめ申し上げると、この機種は世に言うところの「コンデジ」ではなく、レンズ交換型のミラーレスカメラである。が、あえて”コンパクトなデジタルカメラ”というくくりで、レビューを行わせていただいた。

この機種、要するに?

・APS-Cサイズのセンサーと「DiGiC5」エンジンで画質は同社デジタル一眼と同等クラス
・とにかく小さく軽いボディのレンズ交換式ミラーレスカメラ
・ボタンは少なめだけどタッチパネルも使える操作系統
・レスポンスが課題だった前機種よりも高速化が図られる

チェックポイント

EOS_M2 白

・レンズ明るさはどう?
レンズ交換型である本機種については、選べるレンズの多様性がウリでもある。よって、ボディのみでレンズの明るさについて語るのはナンセンスだろう。今回はEF-Mマウントの標準ズーム『EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM』、広角ズーム『EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM』、パンケーキレンズ(単焦点)『EF-M22mm F2 STM』についてそれぞれ試してみた。個人的にとりわけ印象的だったのは、コンデジとしての携行性を保ちつつ画質が担保されたパンケーキレンズだ(他のズームレンズの画質もさることながら)。開放F2の明るさで室内などの光量の少ない場所でも安定した撮影が可能になっている。また最短撮影距離15cmという短さを生かしマクロ的な使い方も可能だ。ボケ味の表現も非常に美しい。
こうしたレンズを選べるのは交換型の強みと言えよう。

緑 コップ

・画質はどう?
言うまでもないが、センサーサイズはこのボディサイズとしては最大級のAPS-C。この上はフルサイズセンサーしかない。が、正直このクラスになると等倍での観察や切り出しを多用しない限り、違いはわかりづらいはず(逆を返せばその違いを気にする人は別の選択基軸でカメラのチョイスを行っているだろう)。積んでいるセンサーも画像エンジンも、これまでのEOSシリーズのものを踏襲している以上、画質に関する心配は無用となる。
なお常用ISO感度は100~12800とされている。

提灯 街並み サボテン
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。