体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニジマスが2次元キャラに!? 自然豊かな富士山麓・柿島養鱒富士宮営業所に行ってきた!

ニジオ大RGB

世界中で養殖され、フランスでは高級料理としても名高いニジマス。今回はニジマス養殖の老舗であり、日本一の生産量を誇る富士山西麓にある柿島養鱒富士宮営業所を取材した。柿島養鱒富士宮営業所は、近年飲料水としても有名なバナジウムが大量に含まれる猪之頭湧水が湧出している水がとてもきれいな場所。猪之頭は別名で井の頭とも書き、湧き水の最高峰という意味を持つ。こうした富士山の恵みを受けてニジマスの養殖を行っている。

DSC_0074

養殖は自然の環境を上手く活用しながら行われており、恵みを受けている環境を極力を汚さないような工夫がされていた。上流から流れてくるゴミに対しては、魚の育成に関わる問題であると同時に「人間が出したゴミは人間が片付ける」という意識で取り組んでいるという。

DSC_0084 DSC_0089

飼い主に捨てられた猫が野良化し、ここに住み込むという事例もよく起きている。標高が高く、冬の厳しい環境の中この日も5~6匹ほどの猫を発見することができた。営業所で管理しているわけではないが、出荷できないような弱ったニジマスを勝手に採って食べて生活しているようだ。他にも、自然環境が育んだ藻を食べに来る鴨も生息しており、豊かな環境であることがわかるだろう。ニジマスは、大きなものは軽く70cmを超えるサイズが生産されている。水中ではわかりづらかったのだが、試しに180cm近い営業所スタッフの方に持ち上げてもらったところその大きさには驚くばかりであった。

DSC_0107

ニジマス以外ではサクラマスも育てているが、2011年の震災ではこれまでサクラマスの稚魚の出荷先であった宮城県雄勝の養殖業者が打撃を受けてしまったという。現在は瀬戸内海の海面養殖業者に販売し、そこで育った魚は富山の鱒寿司になっている。また、水が重要な養殖漁業なだけに落雷や台風でも時に大打撃を受けることがあり、自然の恵みと自然の恐怖が表裏一体となっていることを如実に表している。食べるだけの立場である我々以上に、自然の恵みに感謝すると同時に自然に対して畏敬の念を忘れてはならないと感じた。

DSC_0098

こうして生産されたニジマスの出荷先は、管理釣り場や地元のニジマス料理専門店、大手居酒屋チェーンなどにも卸されているのでもしかしたらこちらの営業所で育成されたニジマスを食べたことがある方も多いかもしれない。

ニジマスはおいしくてかわいい! 二代目社長に聞いてみた

鱒財缶
1 2次のページ
生活・趣味
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。