ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「リア充爆発しろ」に対義語爆誕→「キモヲタ凝縮しろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitterを通じ今朝頃から、匿名掲示板2chから生まれた言葉「リア充爆発しろ」に対義語が誕生したとして話題になっています。

「リア充爆発しろ」とは「リア充=リアル(現実)において趣味や人間関係を楽しんでいる人」に対し「非リア充」が嫉妬を込め投げかける言葉。
そのため、自虐的な意味も込められています。

【関連:「コンセンサス」「リスケ」「フィックス」この意味分かる?】

そして今回新たに誕生したと言われている対義語は「キモヲタ凝縮しろ」。
元ネタは、どうも少女漫画の1シーンのようで、Twitterではその漫画の画像とともにこの話題が出回っています。

なお、今回新たに誕生した「キモヲタ凝縮しろ」について、敏感なネット民らは早速反応しており「リア充の対義語がキモヲタって決めつけんな」「リア充=非ヲタ、非リア充=キモヲタってひどくね」「リア充爆発しろは人を馬鹿にする言葉じゃないし」など、この対義語の登場に様々な異議を唱えています。

※掲載画像は記事用に作ったジョーク画像です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP