ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

miwa、遂に代々木単独公演開催&映画『マエストロ!』への出演をサプライズ発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年3月8日(土)9日(日)に東京・代々木第一体育館で、シンガーソングライターのmiwaが「miwa spring concert 2014 “渋谷物語〜完〜”」を開催した。

昨年末にNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、今年に入り2月に発売した13thシングル「Faith」がオリコンウィークリーチャート4位を獲得するなど、多方面で注目を集めているmiwa。

2010年3月渋谷エッグマンのデビューライブを皮切りに、2011年SHIBUYA-AX、2012年渋谷公会堂と二本のワンマン、そして昨年大晦日にNHKホールで開催された紅白歌合戦初出場と、これまで渋谷でのライブとともに歌手としての歩みを進めてきた彼女は、ツアータイトル「miwa spring concert 2014 “渋谷物語〜完〜”」とあるように、デビュー当時から渋谷のライブ会場制覇を目標としてきた。そんなmiwaは今回ついに渋谷公園通りの頂上、国立代々木競技場第一体育館にてライブを開催。

会場が暗転し、スクリーンにこれまでmiwaが渋谷でライブを開催していきたゆかりの各会場が次々に映し出され、最後に代々木第一体育館が映し出されるとボーダーのTシャツ姿のmiwaがセンターステージに登場。まずは、弾き語りによるデビュー曲「don’t cry anymore」でライブをスタート。そのままメインステージに立つとバック・バンドと共に「リトルガール」「FRiDAY-MA-MAGiC」などヒット・シングル曲を立て続けに披露。力強くもキュートな歌声で観客を魅了した。

MCでは「改めましてmiwaです!」と元気よく挨拶。また、デビュー・ライブからの歩みについて語り「2014年にここ代々木第一体育館に辿り着く事ができました。毎年1歩ずつ上がってきたステージ。ここにいる皆さんのおかげです。ありがとうございます!」とファンへの感謝を述べた。

後半では黒と赤のドレスに身を包みアップテンポな楽曲「ミラクル」や「私の大切な曲です」と紹介するとしっとり聴かせるバラード「片想い」など披露。心地良いポップ・ナンバーにオーディエンスは両手を上げて歓喜。

そしてアンコールでは新曲「Let me go」を初披露。そのまま「皆さんに言わなきゃいけないことがあります」と告げると2015年公開の映画『マエストロ!』に出演することを発表。突然のサプライズ発表にファンからは「おめでとうー!」と会場中が祝福の歓声に包まれた。さらにファンから役柄について問われると「ヒロイン役で今フルートを吹く練習をしています。楽しみにしていてください!」と嬉しそうに投げかけたmiwa。ラストはこれからの季節にぴったりなナンバー「春になったら」を歌唱。本編を合わせ計23曲を色彩豊かに歌い上げ渋谷のライブ会場制覇を成し遂げた。

なお、miwaが出演する映画『マエストロ!』はさそうあきら原作のクラッシック漫画を小林聖太郎監督が映画化。松坂桃李と西田敏行が競演することでも大きな話題に。また、同映画の原作者・さそうあきらは今回のmiwaの出演について「miwaさんの素晴らしい歌ごころが、ヒロインあまねのフルートにのって皆さんに必ず届くだろうと思い、映画の完成を心待ちにしています!」とコメントするなど、シンガーとしての彼女の表現力に大きな期待を寄せている。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP