体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

盟友flumpoolも祝福! lego big morl再始動ライヴ・レポート

 

 

タナカヒロキ(ギター)の不慮の事故による右手首骨折により1年近くものあいだライヴ活動から遠ざかるも、昨年12月に待望の復活宣言を行って話題をさらった4人組ロック・バンド、lego big morl。彼らが、自主企画イヴェント〈lego big morl “Thanks Giving” vol.5 supported by TOWER RECORDS〉を、1月24日に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催した。

 

flumpool
Photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER & STINGRAY)

 

4人編成では実に1年ぶりとなる今回のライヴには、legoが大阪を拠点に活動していた時代からの盟友、flumpoolが参戦。いまやアリーナ・クラスの会場を埋め尽くすほどの人気を誇る彼らが、legoの再始動に華を添えるべく、LIQUIDROOMのステージに立った。激しいロック・チューン“Because… I am”で幕が開くと、続く“MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~”では山村隆太(ヴォーカル/ギター)の伸びやかなハイトーン・ヴォイスが炸裂。初っ端からの畳み掛けに、会場は早くもヒートアップ状態となる。

 

flumpool
Photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER & STINGRAY)

 

「ヒロキ、復活おめでとうございます!」「僕らとしてもlegoというバンドが活動を再開したことにすごく感謝してます。どうもありがとう」(山村)という挨拶に続いては、flumpoolのなかで唯一〈復活〉を歌った曲だという“reboot~あきらめない詩~”を披露。そこから骨太なギターとリズムが熱狂的な空間を生んだ“覚醒アイデンティティ”に雪崩れ込み、代表曲“花になれ”へと繋げていく。

flumpool
Photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER & STINGRAY)

ここで山村隆太(ヴォーカル/ギター)がlegoに対する素直な気持ちを告白。メンバー同士に同級生がいたこともあり、アマチュア時代から親交のあった2組だが、山村はlegoの実力にいつも悔しさを覚えていたという。だから今回の対バンでは彼らにいいところを見せられると思ってやってきたが、legoのリハを見て、約1年の休養を余儀なくされた彼らの悔しさを目の当たりにし、その強い気持ちに、自分たちはまた昔のようにコテンパンにやられるのではないかと、ほんのちょっと後悔の気持ちを抱いたようだ。「でも、それを刺激に変えて、新しい自分たちの力に変えて、今日は腹をくくって、また悔しい思いをするのもいいかなあと思って、この場に立っています」「そんな過去の悔しさだったり、後悔だったりを、明日を生きる力に変えてほしいなと思って、この曲を選んできました」という言葉に続いて歌われたのは“強く儚く”。バンドの思いがひしひしと伝わる熱演に、オーディエンスも聴き入っていた。

そこからは、コール&レスポンスで会場の一体感を高めて終盤戦に突入。切なくも清涼感に満ちたメロディーが印象的な“星に願いを”から、ファンキーなアレンジに思わず高揚してしまう“イイじゃない?”に突入し、最高の盛り上がりのなかでライヴを終えた。

 

lego big morl
Photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER & STINGRAY)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。