体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、「ARROWS Tab LTE F-01D」のソフトウェアアップデートを開始、Wi-Fiスポット化した別の機種にWi-Fi接続できない問題に対処

NTTドコモは2月5日、富士通製LTEタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでは、テザリング機能でWi-Fiスポット化した別の機種にF-01Dを接続しようとしても、まれにF-01DからWi-Fi接続できないという問題が解消されます。更新ファイルはネットワーク(3G経由)で配信されており、F-01Dの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動でアップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は約4分。アップデート後のソフトウェアビルドは、Honeycombバージョンの場合が「V29R44B」、ICSバージョンの場合が「V12R33B」です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「URBANO L02」を2月8日に発売
インドにおけるOptimus G ProのAndroid 4.4アップデートは2014年Q2末に予定
アプリUIをAndroid標準のHoloに改変したフラットデザインのInstagram(非公式版)が公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。