ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy S 5から防水・防塵対応機種を増やす方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungがGalaxy S 5から日本国内では定番となっている防水・防塵への対応機種を大幅に増やすことしたと、韓国メディアのETNewsが業界関係者からの情報として報じました同サイトによると、SamsungはGalaxy S 5以降に発売するハイエンドモデルを基本仕様として防水・防塵に対応させる予定で、それに伴い防水・防塵に対応した部品の発注数の増加を見込んで、主要なパートナーに対して生産数を増やすよう交渉しているそうです。同サイトの記事の中では3月中に製造されるGalaxy S 5の500万台が防水・防塵に対応しているらしいので、Galaxy S 5は基本的にどのモデルも防水・防塵に対応している可能性があります。ハイエンドモデルの防水・防塵対応機種は昨年にも「Galaxy S 4 Actice」や「Galaxy J」などが発売されました。しかし、フラッグシップのGalaxy S 4は非対応でした。Galaxy S 5でも昨年のように別モデルとして出すのか、それとも全モデルを対応させるのかはまだ判明していませんが、生産数を考えると全モデルが対応しそうな気がします。Samsungが今年から防水・防塵への対応を本格化させる(らしい)ことについて同サイトは、日本のスマートフォンメーカーの修理対応の30%以上が水没や浸水といった水濡れによる故障だったことを目の当りにし、防水・防塵に対応されることでアフターサービスにかかるコストを減らせると考えたのも理由の一つだと説明しています。Source : ETNews



(juggly.cn)記事関連リンク
ウィルコム、シニア世代や子供をターゲットにしたPHS+3Gデュアル方式のAndoridスマートフォン「AQUOS PHONE ef(WX05SH)」を発表
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年2月)、Jelly Beanのシェアが60.7%に到達
ASUS、Chrome OSを搭載した$179~の小型デスクトップPC「ASUS Chromebox」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。