ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Pebble」用の公式アプリストアがiOS向けに提供開始、Androidには未提供であるもののベータアプリには実装済み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチ「Pebble」の開発元が予定通りPebbleアプリ用のアプリストアの提供を開始しました。といっても、現在提供が行われているのはiOSだけで、Androidへの提供はまだ行われていません。PebbleアプリのアプリストアはiOS向けのコンパニオンアプリ(Pebble Smartwatcg v2.0)を通じて提供されています。Android向けにもコンパニオンアプリを通じて提供される予定ですが、現在配信中のバージョンには実装されていません。PebbleはAndroid向けアプリのベータ版(Beta 8)にアプリストアを実装しており、それが正式リリースされるとアプリストアを利用できるようになると思います。Pebbleのアプリストアでは、Pebble用に開発されたアプリを検索したり、直接インストールするができます。現在のところは、Remotes、Daily、Notifications、Tools & Utilities、Fitness、Gamesといったジャンルで1,000以上ものアプリやウォッチフェイスが配信されています。Source : Twitter(Pebble)、Apple Insider



(juggly.cn)記事関連リンク
「LG G Pro 2」は5.9インチフルHDのIPS液晶を採用、画面占有率は77.2%らしい
My Paid App : Google Playストアの購入履歴をリスト表示するAndroidアプリ、未インストールの購入済みアプリを探すのに便利
Xperiaカメラプラグイン「Social Live」と「タイムシフト連写」がアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP