ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「仕事できないと女の子も来なさそう」 アイドル東京女子流の発言にファン動揺

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5人組アイドルグループ、東京女子流のメンバーが1月下旬、ラジオでフリーターに批判的な内容を発言し、ファンが動揺している。

1月22日放送の「GIRLS GIRLS GIRLS FULL BOOST 東京女子流のアスタラジオ」(FM FUJI)のリスナー投稿コーナーで、こんな相談が寄せられた。

「去年は彼女に振られ、仕事もクビになりました。今年は恋愛と仕事、どっちを頑張ればいいですか?」

これに対し、メンバーの一人が「絶対仕事でしょ、仕事だよ」と即答。さらに、「恋愛なんて仕事より後回しですよ。仕事しなきゃ食べていけないですよ」と追い討ちをかけた。

その後も複数のメンバーから、「仕事できないと女の子も来なさそう」「彼女できたら絶対なんの仕事してるの、とか聞かれるじゃん」「フリーターです、とは言えないもんね」といったコメントが相次いだ。

ファン「平日のイベントは非正規ばかりなのに」
これが2月初旬、2ちゃんねるのファンスレッドで拡散。困惑する声があがった。

「平日にイベントに来ているのは非正規のファンばかりなのに……」
「大卒非正規の俺には耳の痛い話だぜ」
「正社員じゃなければアイドルヲタ卒業しろってことか」

東京女子流の発言には、フリーターなど非正規労働者と、無職を混同しているような部分もある。しかし1月末に総務省が発表した2013年平均の労働力調査(基本集計)によると、雇用者全体に占めるパートやアルバイトなどの非正規雇用の割合は36.6%で、過去最高を更新。非正規が多数を占める職場も少なくない。

東京女子流のメンバーは15~17歳の女子中高生が中心で、最近の雇用事情を知らない可能性もある。ファンからは「昔は正社員が多かったけど、今は非正規で働く人もたくさんいる。でもまあ世間一般の女子高生の認識なんかこんなもんだろ」といった諦めの書き込みも見られる。

中には「そもそも女子高生に『恋愛と仕事どっちを頑張るべきか』なんて聞くのが悪い」などと憤るリスナーもいたが、番組では相談者へのフォローもあった。

「(去年のできごとは)ショックかも知れませんが、2014年はポジティブに頑張ってください」
「仕事をすれば、仕事終わりの飲み会で出会いがあるかも知れない」

仕事なくては恋愛もない、という結論は変わらなかったようだ。

あわせて読みたい:「恋愛不適格者」の職業

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。