ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

銀杏BOYZの9年ぶりアルバムがトップ! 2014年1月のタワレコ全店インディーズ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

2014年1月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. 銀杏BOYZ 『光のなかに立っていてね』
2. ゴールデンボンバー “101回目の呪い”
3. 銀杏BOYZ 『BEACH』
4. SAKEROCK 『SAKEROCKの季節 BEST 2000-2013』
5. Royz “LILIA”
6. 3Bjunior “七色のスターダスト”
7. GOOD4NOTHING 『Four voices』
8.ギルド “誘惑ラプソディー”
9. WHY@DOLL “サンライズ~君がくれた希望~”
10. [Champagne] 『Run Away/Oblivion』

 

1位を獲得したのは、銀杏BOYZによる9年ぶりのオリジナル・アルバム『光のなかに立っていてね』。同時にリリースされたライヴ・リミックス・アルバム『BEACH』も3位に入り、その人気ぶりを改めて証明しました。ほかには、リーダーの星野源の復活も話題となっているSAKEROCKの初ベストをはじめ、人気V系バンドのRoyz、ももいろクローバーZや私立恵比寿中学を輩出してきたスターダストプロモーション芸能3部=3Bjunior、4人組パンク・ロック・バンドのGOOD4NOTHING、北海道発のアイドル・グループであるWHY@DOLLら、ヴァラエティー豊かなメンツの新作が初登場しています。

また、前月の首位だったゴールデンボンバー“101回目の呪い”は好セールスを続け、今月も2位をマーク。金爆と同じ事務所に所属するギルドのシングル“誘惑ラプソディー”と、[Champagne]の両A面盤『Run Away/Oblivion』も2か月連続でトップ10内に食い込みました。

★タワーレコードのチャートに関するニュース記事一覧はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。