体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もちろん逆ホワイトデーもあるんだろうな!

いま、チョコレートを主力商品としている大手企業が “逆バレンタイン” なる行為を定着させようと売り込んでいるが、これが定着すればバレンタイン市場に男性も顧客として入ってくるわけで、市場が2倍に拡大する。ご存知の方も多いように、逆バレンタインとは「男性から女性にチョコレートをあげてもいいじゃない」というコンセプトのもと作られた行為である。

そもそも、バレンタインデーもウェディングケーキも業者が作り上げたものなのだが、文化は人が作るものとして、それは百歩譲って許すとしよう。しかし、逆バレンタインがあるのなら “逆ホワイトデー” も当然のように実行してもらなわないと困る。いや、困るというより、不公平である! クリスマスも、彼女の誕生日も、ゴールデンウイークのラブラブな旅も、そして日常的なデートも、とにかく男性が女性のために身銭を削る日が多すぎるのに、バレンタインデーでも男性に出費をさせるのは酷な話である。

たまには女性が男性のためにサイフを痛める日があってもいいし、唯一その日がバレンタインデーだったにもかかわらず、逆バレンタインが定着したら……。スイーツ(笑)な女性たちが「逆バレンタインでチョコくれなかったからバレンタインにチョコあげな~い」などと言ってくる日も近い。

それならば、 逆ホワイトデーもちゃんとやってもらわないと不公平だと思うのだが、いかがだろうか? ためしに、知り合いの女性全員に逆バレンタインチョコを配るつもりだ。逆ホワイトデーでどんな反応があるか、いまから楽しみである。さて、そろそろ家に帰って『ニコニコ動画』で新作動画をチェックでござるよ! なぬ? 高橋殿は今日の集会に行けぬでござると? 許さ~ん! えいやっ! ペシッ! ペシッ!
 
 
こんなグルメの記事もあります
今年の注目すべき駅弁はコレだ! 注目駅弁ベスト3
宅配ピザの店員がホンネを語る困った客ベスト6
日本一インスタントラーメンを食べる女と市販のカレーを出す店に行ってみた
【渡米取材】日本×アメリカ『クォーターパウンダー』対決!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会