ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4の廉価版?Samsungは「GT-I9515」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungはGalaxy S 4の派生モデルとみられる「GT-I9515」を開発している模様です。インドの輸出入情報を公開しているZaubaのデータベース上に登録されていることが判明しました。Galaxy S 4は「GT-I950X」の型番を採用しているので、今回の「GT-I9515」はGalaxy S 4に似た規則性の型番を採用していることになります。データベースの記載によれば、ディスプレイサイズは5インチです。今のところ、「GT-I9515」以外に「GT-I951X」の型番を採用したものは確認されていません。ベンチマークアプリ「Nenamark2」の公式サイトでも「GT-I9515」が確認されました。テスト結果によると、Android 4.4.2、フルHDディスプレイ、1.9GHz CPU、Adreno 320 GPUを搭載しています。プロセッサはSnapdragon 600でしょう。Galaxy S 4にはSnapdragon 800を搭載した「GT-I9506」もありますが、それよりも後の新モデルで「GT-I9506」よりも下位のプロセッサを搭載しているとすれば、「GT-I9515」はGalaxy S 4の廉価モデルといった位置づけの端末だと考えられます。Source : ZaubaNenamark2



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、福岡の天神西通り沿いに同社直営店「au FUKUOKA」を本日オープン
スマートウォッチ「Pebble」用の公式アプリストアがiOS向けに提供開始、Androidには未提供であるもののベータアプリには実装済み
オンキヨー、業務用の10.1インチAndroidタブレット「SlatePad TA2C-A41R3-2」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP