ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小さな漁村の町おこしカフェでいただく新鮮&ぜいたくなアワビ料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月1日の「人生の楽園」傑作集(テレビ朝日系、土曜午前10時)では、小さな漁村で人気を集めている漁村カフェ「イザリCafe」(徳島県美波町)が紹介された。

 およそ50世帯100人が暮らす美波町・伊座利地区は、三方を山に囲まれた小さな漁村で、徳島市から車で1時間半ほどかかる。郵便局も銀行も、信号も横断歩道もない伊座利の人々の合言葉は、「何もないけれど何かがある」。同地区では過疎化に歯止めをかけるため、海での自然体験イベントや移住者の受け入れなどを推し進める一方、地域おこしの拠点として、2007年にカフェをオープンさせた。地元の主婦たちが集まって営業する「イザリCafe」は、食事だけでなく景色を楽しんだり、交流の場にしてほしいとの願いから“カフェ”と名付けられた。地元で海女漁を続けてきた磯田由利子さんが代表を務め、「アワビの刺し身」「アワビカレー」「アワビのバター焼き」など、磯田さん夫婦が地元の海でとった新鮮なアワビ料理を提供している。

 「アワビカレー」には酒蒸ししたアワビが丸ごと1個入るなど、どのメニューにもアワビがぜいたくに使われている。現在では県内外から観光客が訪れる人気スポットとなり、利用客は「海もキレイでご飯もおいしくて、感動しました」と話していた。また、地元で暮らす高齢者のために、お弁当の宅配サービスなども行っているという。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:イザリCafe(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:阿南のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:阿南×和食のお店一覧
小さな漁村の町おこしカフェでいただく新鮮&ぜいたくなアワビ料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP