ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニークで変わっているけれど実は常識人? 水瓶座の特徴

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 あなたの周りにいる水瓶座の人(もしくは自分が水瓶座ならば、自分自身)を少し観察してみてください。独特なこだわりを持っていたり、ユニークなアイデアを次々生み出したり、ちょっと変わっていると感じたりするところはないでしょうか。
 これらは水瓶座の人によく見られる傾向です。

 シリーズ累計33万部を突破した、「12星座の君へ」シリーズ(サンクチュアリ出版/刊)は、占星術研究家として知られる鏡リュウジさんが、各星座の人へ向けて、背中を押してくれる31のメッセージをつづった1冊です。
 夢に向かって一歩を踏み出したい人へ、壁にぶつかって迷っている人へ、新しい自分に変わりたい人へ・・・。

 「当たってる」だけで終わらない。むしろ、「当たってる」のその先の「じゃあ、どうしたらいいの?」ということを書いた、今までになかった星座の本です。

 ここでは、水瓶座生まれの人たちの性格と恋愛についてご紹介しましょう。

■ユニークで変人だけど実はかなりの常識人?
 冒頭のように、ユニークで変わっている人が多いといわれる水瓶座。独創的なアイデアを提案したり、それまでになかった斬新な物事の見方をしたりすることも多いはずです。
 しかし、これは「天然」によって生まれたものではありません。きちんと「常識」を理解した上で、そこからどれだけ遠ざかることができるかということを考えている水瓶座ならではの発想です。
 その反面、知識や情報が豊富なので、どうしても「現実はこういうものだ」と決めつけてしまいがちになる面もあります。自分のアイデアが受け入れられない理由も理解していて、その「常識」とどう戦うか、これが水瓶座にとっての大きな壁なのです。
 そんな水瓶座に向けて、鏡さんは、自分の選択に自信を持つこと、古い常識にどんどん挑むことを勧めています。活躍した水瓶座の人たちの中には、チャールズ・ダーウィン(2月12日生)やトーマス・エジソン(2月11日生)など、歴史的な発明、発見をした人がたくさんいます。そこまで大きな変革を起こさなくとも、身近なところから常識を疑い、戦うことが自分のアイデアを現実にする一歩となるのです。

■水瓶座の恋愛に必要なものとは?
 水瓶座は、自由で平等な感覚を大切にしているため、社会的な地位や利害を乗り越えて、人と仲良くなれるという特徴があるといいます。そんな水瓶座が嫌うのが、感情や生活に土足で踏み込まれること。そうされると、途端に距離を置いてしまうこともあります。
 そんな水瓶座ですが、恋愛に対しては「ものすごく鈍感」なのだそうです。理性と思考を重んじる傾向は、人間関係においては良い方向に働くのですが、恋愛になると不器用さに転がってしまいます。また、その鈍感さというのは「フラグに気づかない」と言う意味でもあり、良い感じの関係になっていても、それが恋愛の始まりだと気づかないこともあるといいます。
 フラグが立っていることを認識するには、水瓶座の人自身がじっくりと相手を見ることが大事。自分のこともさらけだしつつ、相手を知っていく。それが恋愛フラグを掴むための近道といえます。

 本書『水瓶座の君へ』は、鏡さんが著した『12星座の君へ』シリーズの中の一冊。12星座揃っているので、自分の星座をはじめ、気になる人の星座、同僚の星座…など、その人が当てはまる星座の本を読めば、どんな傾向や特徴を持っているのか、どのように付き合うべきなのかといったところが参考にすることができるはずです。
 「疑似科学だからアテにならない」と思っている人も、読んでみると意外な発見があるかもしれませんよ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
あなたは何型? “性格速読診断”法
4つの性格別「悩みの解決法」
名前の「音」で性格占い 名前でわかる 恋愛、相性、SEXまで

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP