ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

光学30倍マニュアルズームレンズを搭載『FinePix HS10』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
finepixhs10

富士フイルムは、35mm換算で超広角24mmから超望遠720mmまで対応するフジノン光学式30倍マニュアルズームレンズを搭載したデジタルカメラ『FinePix HS10』を4月17日に発売します。価格はオープン。

光学30倍ズームレンズ搭載のレンズ一体型デジタルカメラでは初めてマニュアル操作のズームを実現。一眼レフのように交換レンズを何本も持ち歩く必要がなく、これ1本で超広角の24mmから超望遠の720mmまでの広い撮影領域をカバーできます。

手ブレ補正では、新開発の『5軸手ブレ補正』を搭載。CMOSシフト式手ブレ補正、高感度に加えて、縦回転と横回転、垂直と水平、光軸回転の5方向について手ブレ補正できるジャイロセンサーを装備しました。ブレやすい高倍率ズーム時やマクロ撮影時、夜景や薄暗い室内での高感度撮影時など、さまざまなシーンで手ブレ、被写体ブレを補正します。

センサには1030万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。最高10コマ/秒の高速連射や最速1000コマ/秒のハイスピード動画撮影が楽しめます。1回のシャッターで高速連射した5枚の画像を重ね合わせ、動いている被写体を検出して自動で取り除く『動体キャンセル』は、世界初の新機能。通行人のいない風景などが簡単に撮影できます。『動体キャッチ』の機能では、動く被写体を高速連射して、被写体の連続した動きを1枚の画像に合成可能。スポーツのフォーム確認などに利用できます。

『FinePix HS10』主な仕様
撮像素子:1/2.3型 裏面照射型CMOS 原色フィルター採用
有効画素数:1030万画素
記録メディア:内蔵メモリー(約46MB)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
静止画記録方式:DCF準拠 Exif Ver.2.2 JPEG準拠/DPOF対応(静止画、圧縮)、RAW(RAF独自フォーマット)、RAW+JPEG記録(静止画、非圧縮)
動画記録方式:ISO準拠 MPEG-4 AVC/H.264規格準拠(MOV)
レンズ:フジノン光学式30倍ズームレンズ
焦点距離:f=4.2~126mm(35mmフィルム換算:24~720mm相当)
開放F値:F2.8(W)~5.6(T)
絞り:F2.8~11(W)、F5.6~11(T)、1/3EVステップ 手動/自動切換え
撮影可能範囲:約50cm~無限大(標準、広角)、約3.0m~無限大(標準、望遠)、約10cm~3.0m(マクロ、広角)、約2.0m~無限大(マクロ、望遠)、約1.0cm~1.0m(スーパーマクロ、広角)、約2.0m~無限大(クイックショット、広角)、約5.0m~無限大(クイックショット、望遠)
ファインダー:0,2型カラー液晶ファインダー、約20万ドット
液晶モニタ:3.0型TFTカラー液晶モニタ、約23万ドット
ビデオ出力:NTSC/PAL方式(モノラル音声付き)
デジタル入出力:USB2.0 High-speed
HD出力:HDMI Mini Connector(Type C)
電源:単3形アルカリ乾電池×4本(付属)、単3形充電式ニッケル水素電池×4本(別売り)、単3形リチウム乾電池×4本(別売り)、専用DCカプラーおよびACアダプター(別売り)
本体サイズ:W130.6×D126.0×H90.7mm
重量:約636g(バッテリー、メモリーカード含まず)

■関連記事
光学26倍ズームとフルHD動画撮影の高機能デジカメ『COOLPIX P100』
富士フイルム、10倍ズームレンズ搭載で世界最小の『FinePix F70EXR』に新色追加
光学式14.3倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ『FinePix S200EXR』

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。