ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SonyブランドのXperia Z UltraをGoogle Play Edition化する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyブランドで販売されているXperia Z UltraをGoogle Play Edition化する方法を紹介します。今回の方法では、XDA Developeresでbigxie氏より配布されているカスタムROMを使用します。これをブートローダーをアンロックしたXperia Z UltraのClockworkModリカバリから導入することで、Google Play Editionに変身します。Sonyブランドの端末をGoogle Play Edition化することで、Nexus仕様のAndroid 4.4.2を利用できるようになりまが、SonyメディアアプリやおまかせプレミアムオートなどのSony独自のアプリ・機能を利用できなくなるなど、SonyブランドのXperia Z Ultraからみれば機能が制限されます。とはいえ、X-Realityエンジン、ClearAuido+、Sonyのイコライザ、ダイナミックノーマライザーなどの一部の機能はGoogle Play Editionでも生きています。

カスタムROMを導入する際の注意点としては、ベースとなるXperia Z UltraにAndroid 4.3ベースの「14.2.A.0.290」がインストールされていることです。他のバージョンでは起動しないことがあります。この環境下でClockworkModリカバリ(CyanogenModに含まれるboot.imgなどが使えます)をFastbootコマンドで導入し、ClockworkModリカバリのZIPフラッシュメニューからXDAで配布されている「bigxie_togari_GPe_KOT49H_odexed-signed.zip」などをインストールします。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Jリーグ公式アプリが2014年シーズン用にアップデート、今シーズンより行われる「J3リーグ」にも対応
Samsung SM-T330がBluetooth SIGの認証を取得
Sony、Android向け「Socialife」の機能追加版をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP