体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東京都知事選 候補者ネット討論」全文書き起こし(7/8) 景気と雇用

 東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)に立候補をしている宇都宮健児氏、田母神俊雄氏、舛添要一氏、細川護熙氏(届け出順)の4候補者が登壇する「東京都知事選挙 候補者ネット討論」が2014年2月1日夜、都内でおこなわれた。

・[ニコニコ生放送]「景気と雇用」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv167270721?po=newsgetnews&ref=news#1:18:31

・[ニコニコニュース](6/8) 東京都尖閣諸島寄付金
http://news.nicovideo.jp/watch/nw935933

 討論では、各候補者からの「オープニングメッセージ」に始まり、「2020年、東京オリンピック・パラリンピックへの対応」「原発活用の是非を含めたエネルギー政策」「少子高齢化に伴う社会保障の充実」「首都直下地震に備えた防災対策」の4テーマが採り上げられ、討論の後半ではニコニコ生放送の視聴者によるアンケートによって「東京都尖閣諸島寄付金」「景気と雇用」の2テーマが決定された。今回の都知事選において、4候補者が一堂に会した討論の生放送は初めて。

 なお、この討論は、グリー株式会社、株式会社サイバーエージェント、Twitter Japan株式会社、株式会社ドワンゴ、ヤフー株式会社、Ustream Asia株式会社、LINE株式会社(50音順)のネット事業者7社が取り組んでいるネット選挙応援企画 「わっしょい!ネット選挙」が協力。各社が展開するサービス(AmebaBLOGOSGREEniconicoTwitterUstreamYahoo!みんなの政治)において、生放送配信、ニュース記事配信、ユーザーへの告知、討論テーマの募集等がおこなわれた。

 このニュースでは、討論の内容のうち、「景気と雇用」を全文書き起こして紹介する。

■景気と雇用

司会・角谷浩一(以下、角谷):一方で、今アンケートで採った2番目のテーマ、「景気と雇用」はやはり切実なテーマであるし、今番組をご覧になっている若い人たちにとっては、大きなテーマだと思います。この問題についても、少しみなさんの所見をいただければというふうに思っております。

 こちらは舛添さんからいただきます。

舛添要一氏:国家戦略特区法案が通りました。私は東京を特区に指定して、国と協力しながら、東京で大胆な実験をやりたい。

 やっぱり霞ヶ関のさまざまな規制がある。そして霞ヶ関はやっぱり、省庁の縄張りが激しいんです。ですから、経済産業省があり、厚生労働省がある。で、薬。新しい薬を使って、医療技術含めて、これでうんと輸出を増やして景気をよくしよう、と言ってもなかなか大変だ。

 で、あのときは、私、厚生労働大臣と文科大臣、科学技術大臣、もうひとり経産大臣入れて民間の製薬会社、外国の製薬会社も入れて議論して、どうすればいいかを考えたんです。こういうことまでやらないと、国ではできない。

 しかし、東京都は省庁の縄張りもありません。特区っていうことは、さまざまな規制に対してチャレンジして、緩和していっていい。まずそこから新しい自由な発想で若い方にどんどん会社を作ってもらう。で、儲かってもらう。そうすれば雇用が生まれてくる。そして、いろんな先端技術が、どんどん進んできます。

 で、先般、30歳の女性が素晴らしい万能細胞を見つけたと、作り方を。だからこういうことを、国も援助するけれども、都としても一生懸命援助して、すばらしい才能を育てていきたいと。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。