体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東京都知事選 候補者ネット討論」全文書き起こし(1/8) 各候補者からのオープニングメッセージ

 東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)に立候補をしている宇都宮健児氏、田母神俊雄氏、舛添要一氏、細川護熙氏(届け出順)の4候補者が登壇する「東京都知事選挙 候補者ネット討論」が2014年2月1日夜、都内でおこなわれた。

・[ニコニコ生放送]各候補者からの「オープニングメッセージ」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv167270721?po=newsgetnews&ref=news#00:03

 討論では、各候補者からの「オープニングメッセージ」に始まり、「2020年、東京オリンピック・パラリンピックへの対応」「原発活用の是非を含めたエネルギー政策」「少子高齢化に伴う社会保障の充実」「首都直下地震に備えた防災対策」の4テーマが採り上げられ、討論の後半ではニコニコ生放送の視聴者によるアンケートによって「東京都尖閣諸島寄付金」「景気と雇用」の2テーマが決定された。今回の都知事選において、4候補者が一堂に会した討論の生放送は初めて。

 なお、この討論は、グリー株式会社、株式会社サイバーエージェント、Twitter Japan株式会社、株式会社ドワンゴ、ヤフー株式会社、Ustream Asia株式会社、LINE株式会社(50音順)のネット事業者7社が取り組んでいるネット選挙応援企画 「わっしょい!ネット選挙」が協力。各社が展開するサービス(AmebaBLOGOSGREEniconicoTwitterUstreamYahoo!みんなの政治)において、生放送配信、ニュース記事配信、ユーザーへの告知、討論テーマの募集等がおこなわれた。

 このニュースでは、討論の内容のうち、各候補者からの「オープニングメッセージ」を全文書き起こして紹介する。

■オープニングメッセージ

司会・角谷浩一(以下、角谷):みなさんこんばんは。本日司会を務めます、角谷浩一です。

アシスタント・野口香織(以下、野口):こんばんは。アシスタントの野口香織です。

角谷:2月9日に投開票が行われる東京都知事選挙。日本の首都にふさわしい人材は誰なのか。また、その人材はどんな一体どんな考えを持って、この選挙に臨んでいるのか。それを今日は、たくさんのユーザーとともに考えを伺って、投票行動の一貫にしてもらいたいと。こういう趣旨でこの討論会を開こうと思っております。

野口:それでは、ただいまより東京都知事選 候補者ネット討論。ご登壇者の皆様をご紹介いたします。紹介の順番は、届出順となっております。

 まずは、宇都宮健児さん。

宇都宮健児氏(以下、宇都宮):よろしくお願いします。

野口:続きまして、田母神俊雄さん。

田母神俊雄氏(以下、田母神):よろしくお願いします。

野口:続きまして、舛添要一さん。

舛添要一氏(以下、舛添):こんばんは。

野口:最後に、細川護熙さん。

細川護熙氏(以下、細川):お願いします。

野口:以上、4名の立候補者による東京都知事選、候補者ネット討論を始めてまいります。

角谷:さて、早速ですけれども、この登壇していただいた4方に、まずは一人一人メッセージをいただきたいと思っております。時間は2分間ということになっています。

 これは時間が短い、限られた時間だということ、それから今、選挙中でございまして、この後、明日も候補者のみなさん、遊説が待っているということもあって、時間をきっちりしたい、ということが趣旨でございます。2分間になりますと、(ベルを鳴らす)、こういうふうに時間ですよ、ということはお知らせさせていただきます。そうしますと、お話途中かもしれませんけれども、遮らせていただく場合があります。どうか、よろしくお願いします。

 では、宇都宮さんから順番に、これはいこうと思います。みなさん、マイクはいいように、近づけるなり何なりしてお話していただければと思います。では宇都宮さん、お願いします。

宇都宮:はい。都知事候補の宇都宮健児です。まず、私は東京都を世界一働きやすく、暮らしやすい、そしてひとりひとりの都民にとって希望の持てる街を作りたいと考えております。

 石原都政、猪瀬都政、14年間の間に、福祉が大幅に削られてきております。石原さんは知事になったときに、何が贅沢かといって、まず福祉だということで、福祉を削減してきております。その結果、どういう事態になっているかと言いますと、高齢者で、特別養護老人ホームに入りたくても入れない人が、4万3000人を超えております。

 また、若いお父さんお母さんたちが子どもを預けて働きたくても、保育園が足りません。現在、認可保育園に入りたくて入れない待機児童が2万人を超えております。

 また、住まいの問題も深刻です。石原都政、猪瀬都政、14年間で、新規の都営住宅は一戸も建設されておりません。しかしながら、都営住宅に入りたくても入れない人たちが20万人を超えております。

 また、若い人の雇用の問題も深刻です。なかなか仕事に就けません。仕事に就いたとしても非正規労働者です。賃金が安くて、結婚もできない、家庭も持てない。

 また、やっと正社員になったとしても、長時間労働で、過労者や過労自殺が多発しております。

 また、有名な企業に就職した若者も、数年で使い捨てにされる、ブラック企業の問題が昨年から問題になっております。

 こういう問題にしっかりと対処していく必要があると考えております。私は、若い人たちが希望を持って働ける、働きやすい職場を作ります。そして、お年寄りも安心して老後を過ごせる。そういう暮らしやすい街、みんなが希望を持って生きられる街、東京を作りたいと考えております。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。