ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.3.1ベースの「CyanogenMod 10.2.1」安定板がリリース、バグ修正や機能改善、新機種のサポートなどが行われています

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenがAndroid 4.3.1ベースのカスタムROM「CyanogenMod 10.2」のマイナーアップデート版となる「CyanogenMod 10.2.1(安定板)」をリリースしました。リリースされたCyanogeMod 10.2.1は、数か月前に正式リリースされたCyanogenMod 10.2のバグ修正や各種修正がメインのバージョンです。新機能の追加は行われていませんが、APN(Access Point Name)リストのアップデート、ローカライズのアップデート、CyanogenMod 11からの修正部分のバックポートなどが行われています。CyanogenMod 10.2ユーザーはアップデートすべきだと思います。その他にも、Droid RAZR HD、Photon Q、Nexus Q、Nook、Nook HD/HD+といった、CyanogenMod 10.2では非サポートの機種の正式サポートも行われています。Source : CyanogenMod BlogCyanogenMod 10.2.1ダウンロード



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One 2(M8)の正式発表は3月下旬のニューヨークでのイベントという噂
ArchosのCEOがWindows Phone投入予定の意向を示す
ソフトバンクホークス宮崎春季キャンプ2014の公式Androidアプリが配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP