ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2大パズルゲームが夢のコラボ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「落ち物系パズルゲーム」と聞いて、みなさんはどんなゲームを思い浮かべますか? おそらくR25世代なら、「ぷよぷよ」か「テトリス」のいずれかになるのではないでしょうか!

【画像や図表を見る】

1984年にロシアで誕生して以来、誰にでもわかりやすいシンプルなルールが受け、落ちモノ系パズルゲームの一大ブームを築き上げた「テトリス」。ロシア民謡“コロブチカ”のBGMを聞くと、次々と落ちてくるブロック、通称“テトリミノ”を即座に連想してしまう人も多いはず。かたや、その「テトリス」に触発されて生まれたのが、今や「テトリス」と双頭をなすパズルゲームの名作となった「ぷよぷよ」。1991年に誕生した同タイトルは、上から落ちてくる“ぷよ”を同色でそろえながら消していくゲーム。ヒットの最大の要因は落ち物系パズルゲームで初めて“対戦形式”を導入したこと。ゲームとしてのおもしろさを飛躍的に高め、爆発的なヒットを記録しました。

今や知らぬ者はないといっても過言ではないこちらの2大タイトルが、2014年にまさかの合体! 『ぷよぷよテトリス』となって2月6日に発売されます! 「ぷよぷよ」と「テトリス」のどちらか好きな方を選んで対戦する“VS”ルールをはじめ、それぞれの操作フィールドが一定時間で切り替わり、同時進行で進む“スワップ”ルール、さらには、なんと同じパズルフィールドに“ぷよ”と“テトリミノ”の両方が落ちてくるという夢の“ぷよテトミックス”ルールまで、両者のゲームルールを駆使した様々な対戦モードが楽しめるのが最大のポイント! もちろん、物語を進めながら遊ぶ 1人プレイ用の“アドベンチャー”モードや、ネット対戦機能も搭載しているので、1人だけでも十分に楽しむことができます。

「最近のゲームは複雑で、ちょっと苦手…」というR25世代でも、シンプルな「ぷよぷよ」や「テトリス」なら、きっとすぐにハマれるはず。寒さがピークを迎えるこれからの時期は、部屋にこもってゲームで熱くなる…なんて過ごし方もいいかもしれませんよ!
(R25編集部)

2大パズルゲームが夢のコラボ!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP