ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、米国で「Galaxy S Neo」を商標出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが米国で、「Galaxy S Neo」という名称を商標出願していたことが判明しました。同社のフラグシップスマートフォンブランド「Galaxy S」を冠したネーミングなので、スマートフォンブランドを新たに展開しようという計画していると予想されます。商標の保護区分としては、Mobile telephone、Digital cameras、Portable media players、Portable computersなど、モバイル端末関連です。「Neo」の付くSamsungスマートフォンとしては、既にGalaxy Grand Neo、Galaxy Pocket Neo、Galaxy S III Neo+、Galaxy Neoが海外で発表されており、近々、Galaxy Note 3 Neoも発売される見込みです。Galaxy Neoは別として、他の製品は同じ製品名を採用した機種の廉価版といった内容なので、そのことを考慮すると、「Galaxy S Neo」は「Galaxy S」や「Galaxy Note」のようなハイエンドモデルの新ブランドといった位置づけではなく、既存モデルを改良したものになると推測されます。Source : USPTO



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの「PM-0744-BV」がFCCの認証を取得
NVIDIA、Tegra Note 7にAndroid 4.3 OTA 1.1 GMSアップデートを配信中
NTTドコモがAndroidアプリ「あんしんモード」「dメニュー」「ショッぷらっと」のアップデート版を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP